収蔵品紹介

p15

奥州座繰器

種別:製糸

胴繰りから発達した座繰器でで、繰り枠と大小二個の調車に調紐(しらべ)をかけて回転を早め、左手で回転させ、右手で繰糸をする。明治初年まで多く東北地方で使用される。