スタッフのあれこれ日記

BLOG

ゴールデンウィークは〈おうちでカイコ観察〉

岡谷蚕糸博物館ーシルクファクトおかやーが#stay home を親子で楽しめるコンテンツをオンラインで配信

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、いま、全国の博物館、美術館などが臨時休館しています。岡谷蚕糸博物館も例年ならば4月29日のシルクフェアを皮切りにゴールデンウィークは企画展やワークショップなどを楽しみに訪れる多くのお客様で賑わいます。しかし、今年は5月6日(水)まで休館です。

いま、学校や幼稚園、保育園なども休校となり、外出できない子どもたちがおうちで学習したり、エンターテインメントを楽しむコンテンツが求められています。

そこで、シルクの歴史と文化を発信し、カイコを通じて子どもたちに学びの場を提供してきた岡谷蚕糸博物館ーシルクファクトおかやーも、博物館のコンテンツを活用して子どもたちが楽しんで学べる場をオンライン上で提供したいと考えています。全国の子どもたちにカイコやシルクの魅力を届けることで、コロナウイルス終息後には博物館にご来館いただき、おかいこさんと直接ふれあっていただけることを願いながら企画しました。まずは、このゴールデンウィークを第1弾として、下記内容を実施します。

  1. おうちでカイコ観察:岡谷蚕糸博物館には「カイコふれあいルーム」があり、1年中お蚕さんを飼育しています。臨時休館中の今もお蚕さんは餌を食べ、排泄し、脱皮し、さらに大きく成長し、やがて糸をはき繭をつくります。そのお蚕さんの成長を動画でSNS(Facebook、Twitter)配信します。自宅での生き物観察、ぜひ親子でお楽しみください。【現在、配信中】
  2. まゆ人形ギャラリー&まゆちゃん鯉のぼりの作り方:岡谷蚕糸博物館といえば、職員でシルク・クリエイターの吉野八重子さんの作るまゆ人形が大人気で季節ごとのワークショップも賑わいをみせています。吉野さんがつくるまゆ人形の最大の魅力は、人の心をほっとさせてくれるあたたかい表情。見ているだけで癒されるまゆ人形たちをInstagramで紹介します。また、端午の節句にちなんで(5月5日)、まゆでつくる鯉のぼりの作り方も紹介します。【4月29日から配信スタート)
  3. 新聞連載企画:①長野日報『シルク今昔ものがたり』掲載中、②市民新聞社『紙上で博物館』4月26日~(不定期・全15回連載)→博物館公式サイトにも関連記事を掲載。

この機会に岡谷蚕糸博物館の公式HPやSNSをフォローしていただけますと幸いです。

facebook.com/silkfactokaya/

twitter.com/silkfactokaya

instagram.com/silkfactokaya

※岡谷蚕糸博物館のおうちで楽しめるコンテンツ情報やその他最新情報は公式サイトをご覧ください。

  • 岡谷蚕糸博物館公式サイト:http://silkfact.jp/

お問い合わせ:岡谷市ブランド推進室(担当:滝沢・両角) TEL:0266-23-3489