スタッフのあれこれ日記

BLOG

収蔵品展「運ぶ。蚕糸業を支えたモノの流れ」始まりました!

昨日から3月に入り、令和元年度も早いもので残り1ヶ月を切りました。

岡谷蚕糸博物館では今年度最後の収蔵品展「運ぶ。蚕糸業を支えたモノの流れ」が始まりました。

今展示では「運ぶ。」という視点で、蚕糸業の一側面を尋ねます。

製糸業の発展に伴う「運ぶ。」という産業の意味と、その役割、そして、知恵の結晶をぜひご覧ください。

R2.5/24(日)まで開催中です。