スタッフのあれこれ日記

BLOG

懐かしいお蚕さん・糸取り

本日は介護老人保健施設 さくらのの皆さんが、原村からご来館くださいました。

ぽかぽか陽気の連休初日。今やフォトスポットとなっている博物館のロゴの前で記念撮影。

そして、館内を館長の案内で見学しました。

 

工女さんご経験者の方も!
工女さんご経験者の方も!

 

 

宮坂製糸所の見学に入ると、「糸取ってたよ」とお話してくださる方がいらっしゃいました。10代~20代のころ、諏訪式繰糸機や家庭用の足踏み式座繰器などで糸を取っていたそうです。「カネマルで働いていたよ」「14中(繭5~6粒)の糸を取ってた」とお話してくださいました。工場の雰囲気全体が、昔のことをお話してくださるきっかけとなったのかもしれません。

まゆから糸が出てくるところを近くで見ていただけました
まゆから糸が出てくるところを近くで見ていただけました

 

 

 

 

 

 

 

 

繭糸の細さも触って実感
繭糸の細さも触って実感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にお蚕さんを見ていただきました。

誰もが嫌がらず、手で触れていらっしゃるところが養蚕の広がりとお蚕さんパワーだなと感じたのでした。「さーんざやったよ」とのお声も!

蚕糸博物館は車椅子で全てご覧いただけますので、施設の皆様にももっともっと利用していただきたいと考えております。また、施設でお蚕さんを飼ってみるというのもいかがでしょうか?昔のことを思い出し、普段は聞けないお話を聞けるはずです。今まで知らなかったおじいちゃん、おばあちゃんの若いころに会えるかもしれません。