スタッフのあれこれ日記

BLOG

手織りブローチを作りました☆

5月9日には、企画展「タマビのテキスタイル 糸・おり・そめ」の関連イベント「テキスタイル・ワークショップ 手織りブローチをつくろう!」を開催しました。

講師は多摩美術大学の教授、副手、卒業生、大学院生の皆さん。

午前中は高校生向けの進学相談も兼ねたワークショップ、午後は子どもからおとなまでの一般向けワークショップを行いました。

午前中は美術部の高校生が参加してくれました!
午前中は美術部の高校生が参加してくれました!

 

タマビ生による拡大平織りレクチャー
タマビ生による拡大平織りレクチャー

 

木で作られたブローチの台に経糸をかけ、好きな緯糸を通していきます。
木で作られたブローチの台に経糸をかけ、好きな緯糸を通していきます。

 

緯糸になる糸は多摩美術大学で作品の製作過程で出た残糸や、岡谷の絹糸を使います。
緯糸になる糸は多摩美術大学で作品の製作過程で出た残糸や、岡谷の絹糸を使います。
午前中(高校生)の鑑賞タイム。皆さんの作品を並べてみると…
午前中(高校生)の鑑賞タイム。皆さんの作品を並べてみると…
こんなにすばらしい作品ができました!
こんなにすばらしい作品ができました!

多摩美術大学の残糸は太さも素材も色も本当にいろいろあり、選ぶのに迷うくらいです。

午後は大人もこどももわいわい作りました!誰よりも気合を入れていたのは…館長!?
午後は大人もこどももわいわい作りました!誰よりも気合を入れていたのは…館長!?
午後(一般)の作品です☆
午後(一般)の作品です☆

多摩美術大学 テキスタイルデザイン研究室の多大なご尽力により、企画展をはじめ、すばらしいワークショップをすることができました。

多摩美術大学の皆さんもあわただしいイベントの中でしたが、博物館の中、製糸工場を見てくださいました。

これからのタマビと岡谷の交流が、どんなテキスタルデザインを産むのか…そんな未来にも期待しております☆★