グッズ販売

購入方法

岡谷蚕糸博物館のミュージアムショップで取り扱っております。
通信販売をご希望の方は、代金と送料をご負担いただきます。ご住所、お電話番号、お名前、商品をお問い合わせフォームからお知らせください。当館から商品と送料のご確認のお返事をいたします。お電話やFAXでもお問い合わせを受け付けております。

ミュージアムグッズ

mg-img01-02_m

繭うさぎ 工作キット(作り図つき)

300円(税別)

丸いまゆをカッターやはさみで切ったり、薄くむいたりしてパーツを作り、ボンドで貼り合わせてかわいらしい人形を作ります。わかりやすい作り図付きの工作キットです。
制作時間30分~40分
※写真は完成品です。

mg-img04_m

繭カエル 工作キット(作り図つき)

400円(税別)

丸いまゆをカッターやはさみで切ったり、薄くむいたりしてパーツを作り、ボンドで貼り合わせてかわいらしい人形を作ります。わかりやすい作り図付きの工作キットです。
制作時間60分~80分
※写真は完成品です。

mg-img02_m

繭カッパ 工作キット(作り図つき)

300円(税別)

丸いまゆをカッターやはさみで切ったり、薄くむいたりしてパーツを作り、ボンドで貼り合わせてかわいらしい人形を作ります。わかりやすい作り図付きの工作キットです。
制作時間30分~40分
※写真は完成品です。

mg-img03_m

繭パンダ 工作キット(作り図つき)

300円(税別)

丸いまゆをカッターやはさみで切ったり、薄くむいたりしてパーツを作り、ボンドで貼り合わせてかわいらしい人形を作ります。わかりやすい作り図付きの工作キットです。
制作時間30分~40分
※写真は完成品です。

mg-img05_m

繭マトリョーシカ 工作キット(作り図つき)

300円(税別)

丸いまゆをカッターやはさみで切ったり、薄くむいたりしてパーツを作り、ボンドで貼り合わせてかわいらしい人形を作ります。わかりやすい作り図付きの工作キットです。
制作時間30分~40分
※写真は完成品です。色は赤・黄・青・ピンク・オレンジの5色。

出版物

magazine00_m

岡谷製糸業の展開 ふるさとの歴史 製糸業-農村から近代工業都市への道-

B5版 232ページ 一部カラー 1,530円(税別)

岡谷の製糸業を黎明期、発展期、確立期、全盛期、展開期などにわけて、写真、図、グラフなどをおりまぜながら分かりやすく紹介。この一冊で日本の近代化に確かな足跡を残して行く岡谷の製糸業の発展過程を辿ることができる!

magazine01_m

岡谷蚕糸博物館紀要 創刊号

A4版 1,000円(税別)

「一地方都市岡谷から世界に向けて発進する気概の岡谷人 (びと)」の残してくれた「蚕糸」・「製糸」の文化財や、今なお脈々と立派に活躍している岡谷の製糸工場に声援を贈るとともに、現今の製糸業界や研究機関の情報等を広く紹介することを理念として創刊いたしました。

magazine02_m

岡谷蚕糸博物館紀要 第2号

A4版 1,000円(税別

「ウチの父が養子に来た時代は…本当に朝早くから、もう暗いうちから起きて、工場の従業員さんの皆さんの水、…煮繭に使う工場の火を焚き、皆さんが出てくるまでには、全部用意しなけりゃいけなかったんです。それで、もう、あかぎれで…ですから倹約家でしたね。」今でなければ残せないものの記録を毎号掲載しています。

magazine03_m

岡谷蚕糸博物館紀要 第3号

A4版 1,000円(税別)

イタリアは製糸先進国として世界の絹産業をリードし、日本の蚕糸業にも大きな影響を与えました。イタリア式繰糸機の発達のあらましをご紹介しています。毎号、それぞれの分野の研究レポートを掲載しています。

magazine04_m

岡谷蚕糸博物館紀要 第4号

A4版 1,000円(税別)

平成10年、岡谷市は、中国蘇州絲綢博物館との間に学術交流協定および研究協力推進に関する協定が締結されました。その模様をカラーページでご紹介しています。以後、中国国家一級文物に指定されている中国古代復元絹織物の提供を受けることになりました。

magazine05_m

岡谷蚕糸博物館紀要 第5号

A4版 1,000円(税別)

官営富岡製糸場で使用された唯一のフランス式繰糸機。その糸みちの構造を中心として、創業当初の姿を明らかにしています。毎号、それぞれの分野の研究レポートを掲載しています。

magazine06_m

岡谷蚕糸博物館紀要 第6号

A4版 1,000円(税別)

これがシルクなのか?と思います-「私、セカンドスキンという言葉が好きで、快適さを考えて、行き着いたものがストレッチ素材なんです。ストレッチは拘束感がなく、軽く、触感がよい。シルクを選んだのはシルクが肌に一番違和感がないからです。」シルク産業が根づく各地を訪れています。

magazine07_m

岡谷蚕糸博物館紀要 第7号

A4版 1,000円(税別)

最近、学校の授業などで、カイコを飼ったり、繭から糸をとる体験学習・総合学習が行われることが多くなりました。カイコや繭や生糸を使って、色々なものを自分で簡単に作る方法を「特集 ファッションドリーム 繭から糸まで 手作り手引き」でご紹介しています。

magazine08_m

岡谷蚕糸博物館紀要 第8号

A4版 1,000円(税別)

片倉組を日本一の製糸会社に育てあげた初代片倉兼太郎。鶴峯公園に銅像が60年ぶりに復元された機会に、一生をかけて真摯に岡谷の蚕糸業を支え、歩み築きあげた偉業の足跡をご紹介しています。

magazine09_m

岡谷蚕糸博物館紀要 第9号

A4版 1,000円(税別)

「母や祖母がつぎあてしながら大切に守ってきた布たちが、タンスの中で朽ちはてようとしています。…そんな古布を細く裂き、簡単な卓状型織り機で織り込んでいく咲き織が、ベスト・ジャケット・コートなど現代の生活に甦ります。」いつの時代も変わりないシルクへのあこがれ…伝統を受け継ぎ、また新たな創作を展開する作家のアトリエを訪れています。

magazine10_m

岡谷蚕糸博物館紀要 第10号

A4版 1,000円(税別)

「糸都岡谷」と世界にその名をとどろかせて日本産業の近代化の原動力となった岡谷。そこには岡谷の人々の偉大な力、喜び、悲しみ、たえまない努力がありました。関係史料を整理しながら「岡谷の製糸」の姿を明らかにしていきます。

magazine11_m

岡谷蚕糸博物館紀要 第11号

A4版 1,000円(税別)

今なお続く岡谷の製糸技術の新たなる取り組みや、館が所蔵する富岡製糸場資料、製糸経営資料の概要の一挙掲載は、紀要ならではです。また、野麦峠を歩いて越えた最後の時代の工女さんである松井くにさんの聞き取り調査は、当時の姿を垣間見る生き生きとした語りです。

magazine12_m

岡谷蚕糸博物館紀要 第12号

A4版 1,000円(税別)

経済産業省から認定された岡谷市の近代製糸業の発展を物語る近代化産業遺産群の紹介と経緯を掲載しています。また、特集「岡谷の製糸」では、工女さんの賃金制を経営資料からひも解き、博物館収蔵のフランス式繰糸機、織田式繰糸機の歴史的価値やその機構などの研究を掲載しています。

magazine13_m

岡谷蚕糸博物館紀要 第13号

A4版 1,000円(税別)

中国蘇州絲綢博物館・絲綢職綉文物復元センターとの間の学術交流協定から10周年を迎えた特別展「中国古代復元絹織物展」の様子と、収蔵の古代絹33点を写真・解説で一挙掲載。桑梓探訪では、製糸全盛時代から人が集い、息づいてきた岡谷の商店街「中央通り」を歴史的側面も含めてご紹介しています。

magazine14_m

岡谷蚕糸博物館紀要 第14号

A4版 1,000円(税別)

桑梓探訪で、地域とともに歩んできた学び舎「諏訪蚕糸学校・岡谷工業高校」を大きく取り上げました。製糸業を支えた諏訪式繰糸機を技術・構造・機構の面から検証した貴重な研究と、フランス式繰糸機に取り付けられたカランにも歴史的価値を見出し、盛りだくさんの内容となっています。

comic01_m

セルフガイド 製糸のおはなし

B6版 カラー16ページ 300円(税別)

どうやってまゆから生糸にするの?どんなキカイを使って生糸をつくってきたの?そんな疑問をイラストでわかりやすく紹介するセルフガイです。大人から子どもまで製糸の学習に最適!

comic02_m

セルフガイド カイコとシルクのおはなし

B6版 カラー20ページ 300円(税別)

カイコはどのように成長するの?まゆ糸の構造は? シルクの魅力って何?身近なシルク・広がるシルク… そんな疑問をイラストで分かりやすく紹介するセルフガイドです。大人から子どもまでカイコとシルクの学習に最適!