その他のお知らせ

その他

岡谷蚕糸博物館 収蔵品展 蚕織錦絵が伝える養蚕・製糸

2/4(木)より 岡谷蚕糸博物館 収蔵品展
「蚕織錦絵が伝える養蚕・製糸 ~かいこやしなひ草~」 を開催しています。

展示風景

 

蚕織錦絵(さんしょくにしきえ)とは、養蚕から製糸・織りをテーマとした浮世絵で、

江戸後期から明治にかけて数多く描かれました。

蚕育之図 五雲亭貞秀画 慶応3(1867)年

 

右から左に向かって、掃立(はきたて・養蚕の始めの作業)から、桑の葉を与える様子、糸とり、

織りまでがこの1枚に描かれています。

展示室には色鮮やかな蚕織錦絵と、それらに描かれた養蚕・製糸の用具類を展示しています。

今回初めてご紹介する作品もたくさんありますので、ぜひ展示室でご覧ください!

 

・ギャラリートーク  2/27(土)13:30~ 企画展示エリアにて
・チラシデータ (PDFファイル)→ チラシ表 チラシ裏