企画展情報

開催中の企画展

企画展 企画展『M²+K² HAND WEAVING DYEING -たのしんで染と織-』

長野県地域の染織作家にスポットを当てる企画展開催 今回は「素材・手のぬくもりへのこだわり」「新しいテキスタイルの魅力」を追及し、活動する染織プロジェクト「M²+K²」(エムツー・ケーツー)の作品を紹介します。 【開催期間】 2019年...

開催予定の企画展

企画展 企画展『運ぶ。蚕糸業を支えたモノの流れ』

岡谷蚕糸博物館 収蔵品展「運ぶ。蚕糸業を支えたモノの流れ」  2020年1月23日(木)~4月中旬 繭を、生糸を、石炭を、人を運ぶ。電信・電話で情報を伝える。岡谷が日本一の製糸業地とした背景には、インフラの整備とともに様々なものを「運ぶ。」があ...

企画展 企画展『草木染 山崎斌・青樹・和樹 三代の軌跡』

岡谷蚕糸博物館 企画展「草木染 山崎斌・青樹・和樹 三代の軌跡」  2019年10月3日(木)~2020年1月19日(日) 草木は豊かな色を密かに宿している。その色を引き出して染める「草木染」という言葉を山崎斌は使い始めました。春・夏・秋・冬、...

企画展 企画展『ユミカツラ シルクの魅力とブライダルファッション』

岡谷蚕糸博物館 企画展「ユミカツラ シルクの魅力とブライダルファッション」  2019年8月1日(木)~9月29日(日) 「伝統と革新」「和と洋の融合」をめざし挑戦し続けるブライダルファッションデザイナー桂由美。日本の伝統美を守り、メイドインジ...

終了した企画展 終了した企画展一覧

企画展 企画展『挑戦する繊維 -シルクを超えられるか-』

岡谷蚕糸博物館・東京農工大学科学博物館 連携展示『挑戦する繊維 -シルクを超えられるか-』 カイコが生み出すシルクは、美しい光沢としなやかさによって私たちを魅了しています。 今回の展示はこれまで当館では取り扱ってこなかった木綿、麻、毛といったシルク以外の「...

企画展 収蔵品展「中国古代復元絹織物 〜絹がつづる王朝染織の美と技〜」

岡谷蚕糸博物館 収蔵品展「中国古代復元絹織物 〜絹がつづる王朝染織の美と技〜」  絹の故郷にしてシルクロードの始発点である中国では、紀元前殷(いん)代の遺跡から紋様のある絹織物が出土し、高度な染織技術があったことがわかっています。それからおよ...

企画展 『2018まゆクラフト作品展』岡谷巡回展

「2018まゆクラフト作品展」岡谷巡回展  平成30年5月31日(木)-6月17日(日)  毎年、駒ヶ根シルクミュージアムで開催されているまゆクラフト作品展が岡谷にやってきます!2018年度は、岡谷市の「介護老人福祉施設さわらび」の作品『藤 満...

企画展 収蔵品展『カイコも繭も糸も ハカル。』

岡谷蚕糸博物館 収蔵品展「カイコも繭も糸も ハカル。」  平成30年6月21日(木)~9月2日(日) カイコを飼育する養蚕から、繭から糸にする製糸業まで、その質や重さや長さや太さを量るためにさまざまな計器が作られ、開発されてきました。「これ...

企画展 企画展『皇室のご養蚕とシルク岡谷』

岡谷蚕糸博物館 企画展「皇室のご養蚕とシルク岡谷」  平成30年9月6日(木)~11月5日(月) 皇室のご養蚕の様子や日本古来の蚕品種「小石丸」の飼育が文化財の復元に役立てられていること,また皇室のご養蚕とシルクのまち岡谷との関わりなどをご紹介...

企画展 収蔵品展『鍋、語る。~繭を煮る、糸を取る~』 開催中!

岡谷蚕糸博物館収蔵展 『鍋、語る。~繭を煮る、糸を取る~』 平成30年1月25日(木)~平成30年4月15日(日)開催中!  当館では、150点に及ぶ「鍋」を収蔵しています。 「鍋」と聞けば、台所で料理の煮炊きに使う「鍋」を連想しますが...

企画展 企画展『糸を組む 〜あなたの知らない組紐の世界〜』

岡谷蚕糸博物館企画展『糸を組む 〜あなたの知らない組紐の世界〜』 平成29年10月26日(木)~平成30年1月21日(日)  和服の帯締(おびじ)めなどに使われる組紐(くみひも)は、時代とともに用途、デザインが変化してきました。組紐の製法は...

企画展 企画展『歌舞伎衣裳展 ~伝統芸能を支える絹~』

岡谷蚕糸博物館開館3周年記念企画展 岡谷市観光大使 市川笑野監修 『歌舞伎衣裳展 ~伝統芸能を支える絹~』 平成29年7月27日(木)~平成29年10月22日(日)  華やかな歌舞伎衣裳は、そのほとんどが絹でできています。今回、岡谷市観光...

企画展 企画展『19世紀ヨーロッパのドレス ~モードとシルク~』

岡谷蚕糸博物館企画展 『19世紀ヨーロッパのドレス ~モードとシルク~』 平成29年5月25日(木)~7月23日(日) [前期]5月25日(木)~6月19日(月) [後期]6月22日(木)~7月23日(日) ※6月20日(火)臨時休館(前後期展示...

年間スケジュール

休館日:水曜日・祝日の翌日・12月29日~1月3日