スタッフのあれこれ日記

BLOG

わくわくどきどき❤シルクに、ときめく

昨日は、つくば市にある、農業生物資源研究所から講師の先生を招いて、子供たちと蚕やシルクについて学ぶ、「わくわくふれあいシルクサマーセミナー」を開催しました。

20人の親子が、カイコの解剖や、製糸工場の糸取り体験(接緒をやってみる)、シルクのタッセル作り、カイコでつくるクモの糸の話など、一日盛りだくさんの講座でした。

カイコの解剖でのの一幕。

IMG_0381

 「カイコの命をいただいているんだから、しっかり勉強しよう」そんな岡田先生の一言に、みんなの顔がひきしまり、カイコに向かいました。恐る恐る解剖したお腹の中にはシルクのもとをつくりだす、絹糸腺がありました。ここから美しい糸が出てくるとわかり、びっくり。

「カイコはまゆを作るとき、何で角(かど)がいるの?」「おなかのなかにちょっと黄色いところがあるのは何?」などなど先生に聞いていました。質問に全部答えてくれる研究者の先生。こどもたちがこんな出会いができたのも、良かったと思います。

 

絹糸腺を引っ張ると、糸になった!
絹糸腺を引っ張ると、糸になった!
接緒はむずかしい。働いている方はすごいなー
接緒はむずかしい。働いている方はすごいなー

 また、遺伝子組換えによって、クモの糸の成分を含んだ糸を吐くカイコを作ることができ、シルクの未来が広がる話を桑名先生にしていただきました。お蚕さんにこんな未来があるなんて…!昆虫の世界は広く、深く面白い!最先端の貴重なお話を聞けて感動しました。

 

 夏休みに、カイコやシルクに深く触れていただく講座となりました。

 今年の夏が「シルクにときめく」夏になりますように。

 

本日は、つくば市にある、農業生物資源研究所から講師の先生を招いて、子供たちと蚕やシルクについて学ぶ、「わくわくふれあいシルクサマーセミナー」を開催しました。

20人の親子が、カイコの解剖や、製糸工場の糸取り体験(接緒をやってみる)、シルクのタッセル作り、カイコでつくるクモの糸の話など、一日盛りだくさんの講座でした。

カイコの解剖でのの一幕。

 「カイコの命をいただいているんだから、しっかり勉強しよう」そんな岡田先生の一言に、みんなの顔がひきしまり、カイコに向かいました。恐る恐る解剖したお腹の中にはシルクのもとをつくりだす、絹糸腺がありました。ここから美しい糸が出てくるとわかり、びっくり。

「カイコはまゆを作るとき、何で角(かど)がいるの?」「おなかのなかにちょっと黄色いところがあるのは何?」などなど先生に聞いていました。質問に全部答えてくれる研究者の先生。こどもたちがこんな出会いができたのも、良かったと思います。

 

 また、遺伝子組換えによって、クモの糸の成分を含んだ糸を吐くカイコを作ることができ、シルクの未来が広がる話を桑名先生にしていただきました。お蚕さんにこんな未来があるなんて…!昆虫の世界は広く、深く面白い!最先端の貴重なお話を聞けて感動しました。

 

 夏休みに、カイコやシルクに深く触れていただく講座となりました。

 今年の夏が「シルクにときめく」夏になりますように。