スタッフのあれこれ日記

BLOG

シルクサミット2014inシルクファクトおかや 開催されました

11月28日、29日にはシルクサミット2014inシルクファクトおかやが開催されました。

講演の会場は博物館の隣の岡谷商工会議所にて。

1日目(28日)は講演がありました。

アンティークストッキング収集・研究家の鴇田章先生による特別講演「絹ストッキングの記憶」は、先生ご自身で収集されたアンティークストッキングコレクションや、当時の靴下を復元し制作した資料などをお見せいただきながら、長年靴下メーカーでご活躍した専門家の観点から靴下の装い方と、シルクの歴史をたどりました。

鴇田章先生はご自身のアンティークストッキングコレクションを会場で見せてくださいました。
鴇田章先生はご自身のアンティークストッキングコレクションを会場で見せてくださいました。

また、伊豆原月絵先生は、18世紀ロココの宮廷衣装の復元研究についてお話いただきました。はっとするほど軽かった宮廷衣装を手に取ったときのお気持ちから、実際に蚕品種(セヴェンヌの白)、養蚕、製糸、織りまでを復元したドレスを見せていただきました。

「光沢があり軽く張りがある」18世紀ロココ宮廷織物の復元に注目が集まります
「光沢があり軽く張りがある」18世紀ロココ宮廷織物の復元に注目が集まります

 

そして、岡谷市立湊小学校の3年生の発表「カイコ学習から教わったもの」がありました。

桑の葉染めをしたTシャツを着て登場!今年の春から、カイコを飼育したり博物館や製糸工場を見学して感じたことを「ここで一句!」の俳句を交えて一生懸命発表してくれました。

お蚕さんの命と真剣に向き合う学習。そしてふるさと岡谷を大切に思う気持ちが伝わってきました。元気な発表をありがとう!

大人の胸を打つ発表!桑の葉染めTシャツも似合ってます!
大人の胸を打つ発表!桑の葉染めTシャツも似合ってます!

 

 

このほかにも、農業生物資源研究所の最先端の研究や、岡谷絹工房の活動報告など、すばらしい発表がありました。

2日目はシルクファクトおかやの見学と、岡谷市内の近代化産業遺産めぐりがありました。

岡谷から、「蚕糸の歴史に学び、未来を思考する」 シルクの産業と、学問、文化、教育が発信された、2日間となりました。