スタッフのあれこれ日記

BLOG

来年の干支 申の繭人形キット販売!

おまたせしました!
毎年恒例、来年の干支の繭人形の販売を12月25日から開始します。
来年は待ちに待った7年に一度の御柱年!諏訪人の血が騒ぎます・・・ウズウズ
そして来年の干支は申(さる)年です。
というところで、今回は、御柱に乗ったおサルさん(ホワイトモンキー)たちの繭人形です。
繭のカラダに、同じく繭でできた赤、青、緑の三色の衣裳を身に着けたおサルさんたちが、手には生糸のおんべを持ち、絹の水引のねじり鉢巻で、とっても威勢よく桑や桜の御柱に乗っています。御柱の御幣はシルク和紙で、御柱にちなんだシルク三昧の来年の干支 申の繭人形です。
掛け声は、もちろん「よいさ~、よいさ~、よいサル~!」
3体が1本の御柱に乗っている特別セットはこちら↓(50組限定 1セット1000円)

御柱繭人形3体乗り

 

こちらは短い柱に乗った通常バージョン(赤・青・緑の3色あり)(1体500円)↓

御柱繭人形1体乗り

 

これらは、当館職員吉野のオリジナル!
「リアルな御柱と、かわいいおサルさんがポイントよ。表情豊かに作ってみてください」とのこと。
キットは、それぞれのパーツをそろえて博物館でセットしました。
御柱づくりだけでも、木を切って、皮をはぎ、台をつけ・・・・こんなに作ったなんて・・・二の腕がプルプルするくらい力を入れて、むきになって切っていたのは・・・職員Y。

御柱製作風景

12月25日(金)9:00から岡谷蚕糸博物館で干支のまゆ人形キット販売開始です!
温かいコタツに入って、来年の干支 申の繭人形づくりはいかがでしょう。
申年の「サル」は「去る」で、「嫌なことが去る」「悲しみが去る」とか・・・。
悪いことが去った後には、幸せがやってくることを信じて、来年を迎えたいですね。