スタッフのあれこれ日記

BLOG

11月6日岡工生によるロボット製作体験ワークショップを開催しました。

市内の小学3年生から6年生の児童を対象にロボット製作体験ワークショップが蚕糸博物館で行われました。
このワークショップは岡谷シルクの歴史·文化を活用した官学民協働の賑わい創出事業として長野県地域発元気づくり支援金を活用して実施。
岡谷工業高等学校電気部の皆さんの協力を得て行われました。午前の部では3組、午後の部では4組の親子が参加。第1部で岡工生の手を借りながらメカナムホイールロボットを製作及び操作法を学習。第二部ではロボットを操縦してみんなでゲームを楽しみました。
ゲームはふたてに分かれて車体に取り付けた棒を、ロボットを操作して倒すといったもの。
勝敗が絡むと、小学生はもとより、岡工生も、保護者である大人も、大盛り上がり。ロボット同士の激しいぶつかり合いや、巧みな操作で相手の棒を一気でなぎ倒したりするたびに、大きな歓声があがります。
こうしたイベントを通じて、もの作りの楽しさ、素晴らしさを感じてもらえたらと思います。