企画展情報

開催中の企画展

企画展 【令和3年度 企画展】長野県地域発元気づくり支援金活用事業 岡工110周年記念展「製糸業と諏訪蚕糸野球」

令和3年7月15日(木)-11月14日(日)  長野県岡谷工業高等学校は明治45年に平野農蚕学校として誕生し、製糸業の発展を支える人材を育成、地域に大きく貢献してきました。その歩みと、製糸業の発展を背景に大活躍した諏訪蚕糸野球部の資料を展示いたし...

開催予定の企画展

企画展 【令和3年度 企画展】かいこの神様-ユニークな姿と切なる願い-

令和4年2月17日(木)-令和4年5月中旬  養蚕は天候や病気の害を受けやすく、古くから養蚕農家は神仏に繭の豊作を祈ってきました。また岡谷にも蚕糸業の発展を祈ってきた信仰の形が石造物をはじめ数多く残されています。蚕糸業に携わる人々の神仏に託す願い...

終了した企画展 終了した企画展一覧

企画展 【令和3年度 企画展】玉繭、そして。繭を活かす知恵と技術

令和3年4月22日(木)-7月11日(日)  2頭のお蚕さまが1つの繭を作る玉繭。人は、糸繰りのしづらい玉繭を、引きそろえた生糸とは違う形の価値あるものに生まれ変わらせてきました。人の手が生み出す知恵と技術、そしてその歴史を、道具・製品・人物など...

企画展 収蔵品展『運ぶ。蚕糸業を支えたモノの流れ』

岡谷蚕糸博物館 収蔵品展「運ぶ。蚕糸業を支えたモノの流れ」  令和2年2月27日(木)~  令和2年10月25日(日) ※会期が延長となりました。 明治以降、蚕糸業が日本の近代化を支えた産業となる中で、その一大生産地である岡谷には、繭や生糸は...

企画展 収蔵品展「諏訪のものづくり -蚕糸業から精密業へ-」

岡谷蚕糸博物館 収蔵品展「諏訪のものづくり -蚕糸業から精密業へ-」  令和3年1月21日(木)~  令和3年4月18日(日) 明治初期から昭和の初期まで、わが国の生糸生産量の一位を誇ってきた岡谷。その繊細な技術と英知が新たな精密加工業を生み出...

企画展 企画展『草木染 山崎斌・青樹・和樹 三代の軌跡』開催

植物の“色”に魅せられた染色家三代の作品が一堂に会する本邦初の展覧会 『草木染 山崎斌・青樹・和樹 三代の軌跡』開催 植物から色をいただいてきた人間の色彩の悠久の歴史の中で、現在は、誰もが「草木染」という言葉を使いますが、永く行われてきたその天然染料による」...

企画展 企画展『ユミカツラ シルクの魅力とブライダルファッション展』

岡谷蚕糸博物館 リニューアルオープン5周年記念 『ユミカツラ シルクの魅力とブライダルファッション展』開催 「伝統と革新」「和と洋の融合」をめざし世界で挑戦し続けるブライダルファッションデザイナー桂由美。「花嫁を一番美しく輝かせるため」から始まったブラ...

企画展 企画展『M²+K² HAND WEAVING DYEING -たのしんで染と織-』

長野県地域の染織作家にスポットを当てる企画展開催(終了しました。) 今回は「素材・手のぬくもりへのこだわり」「新しいテキスタイルの魅力」を追及し、活動する染織プロジェクト「M²+K²」(エムツー・ケーツー)の作品を紹介します。 【開催期間】...

企画展 企画展『挑戦する繊維 -シルクを超えられるか-』

岡谷蚕糸博物館・東京農工大学科学博物館 連携展示『挑戦する繊維 -シルクを超えられるか-』 カイコが生み出すシルクは、美しい光沢としなやかさによって私たちを魅了しています。 今回の展示はこれまで当館では取り扱ってこなかった木綿、麻、毛といったシルク以外の「...

企画展 収蔵品展「中国古代復元絹織物 〜絹がつづる王朝染織の美と技〜」

岡谷蚕糸博物館 収蔵品展「中国古代復元絹織物 〜絹がつづる王朝染織の美と技〜」  絹の故郷にしてシルクロードの始発点である中国では、紀元前殷(いん)代の遺跡から紋様のある絹織物が出土し、高度な染織技術があったことがわかっています。それからおよ...

企画展 『2018まゆクラフト作品展』岡谷巡回展

「2018まゆクラフト作品展」岡谷巡回展  平成30年5月31日(木)-6月17日(日)  毎年、駒ヶ根シルクミュージアムで開催されているまゆクラフト作品展が岡谷にやってきます!2018年度は、岡谷市の「介護老人福祉施設さわらび」の作品『藤 満...

年間スケジュール

休館日:水曜日・祝日の翌日・12月29日~1月3日