施設のご案内

岡谷蚕糸博物館パンフレット ダウンロード

ごあいさつ

明治時代のはじめの頃、岡谷の人々は、イタリア・フランスから導入された洋式製糸機械に創意工夫を重ねた諏訪式繰糸機を開発しました。その技術は全国に普及し、岡谷で生産された生糸の多くは輸出され「シルク岡谷」と世界に轟くなど、岡谷は一大製糸業地に発展し、わが国の近代化に大きく貢献しました。昭和39年10月、こうした先人の偉業を後世に伝え、今後の産業発展に役立てるために、諏訪製糸研究会と全国蚕糸業関係者の協力を得て、市立岡谷蚕糸博物館が開館しました。製糸機械類、文書類、製糸経営史料等約3万点を収蔵・展示し、その内の一部が昭和41年に長野県有形民俗文化財に、平成19年には所蔵資料が経済産業省より近代化産業遺産に認定され、さらに平成23年には日本機械学会より8点の繰糸機が機械遺産に認定されました。それらの中には、フランス式繰糸機、諏訪式繰糸機など当館だけにしか見られない貴重なものが多くあります。岡谷蚕糸博物館は、開館から半世紀を経た平成26年8月1日、旧蚕糸試験場岡谷製糸試験所(後の(独)農業生物資源研究所生活資材開発ユニット)のあったこの地に移転するとともに、館内に(株)宮坂製糸所を併設し、博物館の愛称を工場の(factory)のイメージとシルクの真実(fact)を伝えたいという意味を込め「シルクファクトおかや」とし、シルクの世界を五感で感じることのできる世界的にも類まれな博物館として生まれ変わりました。先人の成し遂げた偉業に学び、ものづくり精神と新たなシルク文化を発信していきます。

愛称「シルクファクトおかや」とは

製糸工場を併設する、世界に類の無い博物館として、製糸工場(Factory)とシルクや製糸業の真実(Fact)を伝える博物館でありたいとの意味を込め、岡谷蚕糸博物館の愛称を「シルクファクトおかや」としました。

施設案内

シルクとの出会い~近代製糸業と岡谷―糸都岡谷への道
「シルク」に出逢った皆様に、絹文化の起源からカイコとシルクのひみつ、蚕糸絹業のトータルプロセスなど、シルクの魅力を様々な切り口からをご紹介します。近代製糸業と岡谷のコーナーでは、日本の製糸業のあゆみとして、横浜開港から富岡製糸場の創業、糸都岡谷の発展に至るまで特集展示いたします。また、これまでの調査に基づき、製糸業に従事するために岡谷に集まった工女さんの仕事や生活についての展示も行います。
全国で唯一の製糸機械類の展示「機械でたどる糸都岡谷ものがたり」
明治5年創業当時の官営富岡製糸場で稼動し、唯一残されているフランス式繰糸機や、武居代次郎が開発した諏訪式繰糸機など、日本を世界一の生糸生産国にした製糸機械類を江戸時代から昭和期まで時代をたどりながら展示します。
DSC_1373 先人の偉業を多彩に展示「資料でたどる糸都岡谷ものがたり」
厳しい蚕糸業の中で、たゆまぬ努力と創意工夫を重ね、先見の明をもって歩んできた先人が残した経営資料などから、糸のまち岡谷の歴史をたどっていきます。岡谷のまちの古い写真や地図などから当時のにぎわいを感じる、まちと製糸業の展示もあわせてご覧下さい。

(株)宮坂製糸所実稼動
(株)宮坂製糸所では製糸全盛期から変わらない諏訪式繰糸機、日本古来の上州式繰糸機が実際に稼動している様子を見学できます。また、旧農業生物資源研究所が所有していた機械類も展示、稼動しています。

ご来館の皆様の目に最初に入るノコギリ屋根のファサードは当館の立地する場所に昭和23年に建てられた農林省蚕糸試験場岡谷製糸試験所(現在の農業生物資源研究所)の当時の実験棟をイメージしたものです。館内に入っていただくと、ギャラリーラウンジや、ミュージアムショップ、また岡谷ブランドなどの情報コーナー、まちなかにある製糸遺産を巡る近代化産業遺産(詳しくはこちら)の紹介コーナーがあります。

多目的スペース「きぬのひろば」
会議、イベントの開催の会場となるほか、普段は気軽に立ち寄って休憩や学習ができる多目的なひろばです。
ワークショップスペース「まゆちゃん工房」
まゆ人形やコサージュなどの繭クラフトと小型機織機で手織りができる体験工房です。まゆの持つ質感や特性を楽しみながらオリジナルの作品作りに挑戦しましょう!カエルやうさぎの定番置物は雑貨感覚で窓辺を飾ってくれますよ♪季節毎に変わるメニューも用意しています。
養蚕スペース「カイコふれあいルーム」
シルクのもとになる糸を吐くおカイコさま。おカイコさまの育つ様子や繭づくりの観察ができる、そのヒミツがいっぱいの部屋です。昔からのおカイコさまを飼う様子そのままに、えさの桑の葉をあげて、一緒に成長の様子を見ていただけます。ワクワクドキドキしながら、来て下さい。お楽しみに(^-^)