新着情報

カイコ-1

カイコふれあいデー開催中!

桑も大きな葉をつけ、カイコを飼育するシーズンがやってきました。

蚕糸博物館では、本年も、「カイコふれあいデー」と銘打ち、毎週日曜日の午前10時30分から、カイコの飼育方法や生態に関する講習会をカイコの成長に合わせリアルタイムに行っています。

こちらのイベントへの参加につきましては、入館料は不要です。

今後の予定は以下のとおりです。皆さまのご来館をお待ちしております。

:roll: :roll:  :roll:  :roll:

 

カイコふれあいデーのスケジュール 全10回 毎回午前10:30~11:00

1 5月20日(日) オリエンテーション 終了
おカイコさまを飼うにあたって、おカイコさまの飼育概要や、飼育方法、生態のことなど、全体説明。

2 5月27日(日) 掃き立て 終了
おカイコさまが生まれたよ。卵からかえったばかりの毛蚕を鷹の羽で掃き落とし、初めてえさを与える掃き立て体験

3 6月3日(日) えさやり2齢 終了
カイコの世話の仕方。網を用いての蚕尻取り(除沙)の仕方。えさの桑の葉の採り方など。

4 6月10日(日) えさやり 3齢 終了
カイコの眠の話。桑の葉を桑の木から実際に採って、カイコに与える。もしかしたら桑の実が食べられるかも。

5 6月17日(日) えさやり 4齢
カイコの蚕尻取りと桑の葉を採ってきて、カイコに与える。大きくなってきたら、桑摘みも大変さを感じる。

6 6月24日(日) 蚕尻とり 5齢
カイコの蚕尻取りと桑の葉を採ってきて、カイコに与える。桑もたくさん要り、蚕尻も増えて、世話も大変になってきたことを体感。繭になる準備。蔟(まぶし)の話

7 7月1日(日) 上蔟
繭になるよ。カイコが糸を吐くしくみ。糸を吐く準備のできたおカイコさまを、蔟に移してあげよう。

8 7月8日(日) まゆかき
繭ができた回転蔟枠から、繭を取り外す作業-まゆかき-。まゆかきをするときに、音がする。まゆかきの音は、今では消えてしまった蚕業の音。毛羽取り器を使って毛羽取り。

9 7月15日(日) まゆ工作
できた繭で、繭工作。繭の中には、蛹が入っているので、蛹の観察もしながら、まゆ工作をしてみましょう。

10 7月22日(日) 糸取り
できた繭で、座繰りで糸取り。生の繭を煮た繭から糸を取る。あの小さなおカイコさまが、大きくなってこうやって糸に変わっていく姿を見る。

あじさいつまみ細工

つまみ細工 アジサイのブローチづくり(終了しました)

つまみ細工でアジサイのブローチをつくろう!

あじさいつまみ細工

カラフルに染めた正絹のちりめんでつまみ細工に挑戦しましょう!

この時期にピッタリのあじさいをモチーフにしたブローチを作ります。

・開催日:平成30年6月10日(日) 終了しました
・時 間:①午前10時00分~12時 ②午後13時30分~15時30分
・定 員:各回10名(要申込み)
・参加費:1500円(材料代)
・持ち物:手ぬぐい用タオル
・申込み:電話にて受付(0266-23-3489 岡谷蚕糸博物館)

 

 

 

休館日02

2018年6月の休館日

今月の休館日は以下のとおりです。

ご来館の際にはご確認をよろしくお願いいたします。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

  6月 6日(水)

    13日(水)

    18日(月)・19日(火)臨時休館(展示替え)

    27日(水)

 

=====================================

岡谷蚕糸博物館の情報

 

★休館日 毎週水曜日(その日が祝日の場合は開館)

祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)

その他臨時休館あり

★開館時間 午前9時~午後5時

まゆちゃん工房、製糸工場は、午前9時~正午、午後1時~午後4時

★2018年度 岡谷蚕糸博物館 年間スケジュール.pdf 

☆P1200459

まゆのコサージュづくり(終了しました)

「2018まゆクラフト作品展」岡谷巡回展 関連イベント 

6/8(金)まゆのコサージュ(花飾り)づくり☆P1200459

繭を薄くむいて花びらを作り、かわいらしいコサージュ(花飾り)に仕上げます。
「まゆ工作は初めて」という方も大歓迎です。
展示作品を見てまゆクラフトにチャレンジしたくなった方は、ぜひご参加下さい!

・開催日:平成30年6月8日(金) (終了しました)
・時 間:午前10時30分~11時30分
・定 員:15名(要申込み)
・参加費:500円
・申込み:電話にて受付(0266-23-3489 岡谷蚕糸博物館)

 

 

 

 

まゆクラフト HPバナー 大

『2018まゆクラフト作品展』岡谷巡回展

「2018まゆクラフト作品展」岡谷巡回展
 平成30年5月31日(木)-6月17日(日)
 毎年、駒ヶ根シルクミュージアムで開催されているまゆクラフト作品展が岡谷にやってきます!2018年度は、岡谷市の「介護老人福祉施設さわらび」の作品『藤 満開』がグランプリ(駒ヶ根市長賞)を受賞しました。グランプリ作品をはじめ、力作が勢ぞろいします。繊細で美しい繭の作品をご覧ください。
関連イベント】6/8(金)まゆのコサージュづくり 詳細はこちら

グランプリ「藤 満開」
グランプリ「藤 満開」

準グランプリ「繭造形美」
準グランプリ「繭造形美」

P1200447_s
展示風景

 

駒ヶ根シルクミュージアムの情報は こちら

 

 

桑

【シルクおかや桑の木情報】第1号 桑に関する情報発信を始めます。

shougakuseii 2018年度の岡谷市の新規事業として、「シルクおかや桑の木情報発信事業」に取り組んでまいります。市内の小学校では、岡谷に暮らす子どもたちが、岡谷ならではの学習素材を学ぶことを通して郷土を愛する心を醸成する機会として、岡谷スタンダードカリキュラムという学習活動に取り組んでいます。その題材のひとつに、「カイコ」が取り上げられており、カイコの飼育から、カイコの生態を学び、繭から生糸をとることやまゆ工作、更には、岡谷の製糸業の歴史等、カイコをきっかけに様々な学びのテーマが展開されています。

カイコの飼育にはエサとなる桑が必要になりますが、学校の敷地内には、桑の木が植えられているものの、家庭においてカイコを飼育するときには、かつていたるところにあった桑の木も、現在は、見かけることも少なくなり、桑の葉の確保が課題となっています。

T-06

このようななか、本事業では、主に二つの取り組みを行います。一つ目、桑の木が何処にあるのかを明らかにする「シルクおかや桑の木マップ」の公開、二つ目に、桑の栽培に関するアドバイスなど桑に関する様々な情報を発信する取り組みです。この二つの取り組みにより、子ども達の学習支援と桑の木の栽培の促進を図り、そこから生み出される桑のある風景が「シルクのまちづくり」の一端となればと考えおります。
昨年から蚕糸懇話会という、かつての蚕糸業者の団体が「一家に一本桑の木運動」という活動に取り組んでいただいており、官民協働の取り組みとして進めてまいりたいと考えています。

今後、桑に関する情報を博物館のホームページを中心に発信してまいりますが、ご希望の方にはメールでも配信してまいります。ご希望の方は、タイトル「桑メール配信希望」として・お名前と・お住まいの市町村記入のうえ、hakubutsukan@city.okaya.lg.jp までメールをお送りください。

メール登録 (スマホ等で読み込んでください。)
メール登録(スマートフォンで読み込みんでください)

 

kikaku_some1

【追加開催!】吉岡更紗氏によるギャラリートーク

企画展「自然の色を纏う ~吉岡幸雄の世界 源氏物語の彩~」関連イベント 

5/27(日)吉岡更紗氏によるギャラリートーク

大好評開催中の企画展。最終日に、吉岡更紗(よしおか さらさ)氏によるトークイベントの追加開催が決定いたしました! 源氏物語衣裳 復元の植物染め技法についてや、老舗の染め工房「染司よしおか」 6代としての想いなどもあわせて語っていただきます。この機会をお見逃しなく!

kikaku_some1
展示風景
kikaku_some2
シルク植物染め講座で解説する吉岡更紗氏
・講 師:吉岡 更紗 「染司よしおか」 6代
・開催日:平成30年5月27日(日)
・時 間:①11:00~12:00、②14:00~15:00
・会 場:岡谷蚕糸博物館 企画展示室
・参加費:無料(ただし入館料が必要です)
・申込み:不要 当日会場にお集まりください。

 

 

 

 

4.ハカル

収蔵品展『カイコも繭も糸も ハカル。』

岡谷蚕糸博物館 収蔵品展「カイコも繭も糸も ハカル。」
 平成30年6月21日(木)~9月2日(日)

ハカル チラシ表

カイコを飼育する養蚕から、繭から糸にする製糸業まで、その質や重さや長さや太さを量るためにさまざまな計器が作られ、開発されてきました。「これって何に使うの?」とフシギに思う秤を、たくさん見て、使ってみませんか。
 チラシダウンロード→ 表面 裏面
 

 

【イベント情報】

 ・東洋計器株式会社 代表取締役社長 土田泰秀氏による講演会 2018.7.21(土)
はかる・わかる ワークシップ! 2018.7.8(土)、8.5(日)、8.12(日)

 

 

 

チラシ表

企画展『皇室のご養蚕とシルク岡谷』

岡谷蚕糸博物館 企画展「皇室のご養蚕とシルク岡谷」
 平成30年9月6日(木)~11月5日(月)
皇室のご養蚕の様子や日本古来の蚕品種「小石丸」の飼育が文化財の復元に役立てられていること,また皇室のご養蚕とシルクのまち岡谷との関わりなどをご紹介します。

チラシ表

 

【イベント情報】

講演会・ギャラリートーク2018.9.23(日)

2016年から紅葉山御養蚕所の主任として皇室のご養蚕を支える代田氏より貴重なお話を伺います。

 

小石丸の飼育体験2018.9.9(日)、9.16(日)、9.23(日)、9.30(日)

皇室で飼育されている蚕品種「小石丸(こいしまる)」の飼育体験を行います。9/23日には、蚕が繭をつくる足場となる「藁蔟(わらまぶし)」づくりを昔ながらの方法で行います。1回のみの参加も可能です。

 

小石丸の繭を使った水引の飾りづくり2018.10.21(日)

小石丸の繭をあしらった水引飾りづくりをします。できた飾りはお持ち帰りいただけます。

 

ダウンロード

企画展のチラシ 表

企画展のチラシ 裏