silkfact_admin のすべての投稿

Facebook始めました!

岡谷蚕糸博物館ーシルクファクトおかやーはFacebookページを始めました!博物館の催し物などアップしていきます。たくさんの「いいね」よろしくお願いいたします。

https://m.facebook.com/%E5%B2%A1%E8%B0%B7%E8%9A%95%E7%B3%B8%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%AF%E3%83%88%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%82%84%E3%83%BC-109977520414535/

【企画展「草木染 ー山崎斌・青樹・和樹 三代の軌跡ー」】ギャラリートーク追加開催について

[山崎和樹氏による染解説&ギャラリートーク]

草木染の技術を祖父・父より受け継ぎ、継承している山崎和樹氏による草木染めの話と、色彩豊かな展示品を見ながらギャラリートークについて、追加開催が決定となりました。多くの方のお申し込み、お待ちしております。

<追加開催日時>

令和元年11月29日(金)午前10時~11時30分

チラシ表

チラシ裏

詳細につきましては岡谷蚕糸博物館(TEL:0266-23-3489)までお問い合わせください。

 

 

企画展『草木染 山崎斌・青樹・和樹 三代の軌跡』開催

植物の“色”に魅せられた染色家三代の作品が一堂に会する本邦初の展覧会 『草木染 山崎斌・青樹・和樹 三代の軌跡』開催

植物から色をいただいてきた人間の色彩の悠久の歴史の中で、現在は、誰もが「草木染」という言葉を使いますが、永く行われてきたその天然染料による」染色を「草木染」と命名したのは山崎斌です。山崎斌とその息子・青樹、そして青樹の息子・和樹による、植物の¨色¨に魅せられてきた染色家三代の軌跡を、植物の持つ豊富な色彩とその作品でご紹介いたします。

青樹、没十年にあたり、三代を一堂に展示するのは、本邦初めてのことです。

会期中は三代目、山崎和樹さんによる染解説、ギャラリートーク、草木染ワークショップなどのイベントや関連書籍・製品の販売なども予定しております。

この機会にみなさまのご来場を心よりお待ちしております。

山崎斌(やまさきあきら)(1892‐1972)作家・草木染研究家
1982(明治25)年、長野県麻績村生まれ。旧制上田中学卒業後上京、文士を志す。長編小説「二年間」を刊行し、長編・短編小説を次々と発表。島崎藤村、竹久夢二らとも親交が深い。1930(昭和5)年、植物染による染や手機織物の復興に取り組む。化学染料による染と区別するため、天然染料による染色を「草木染」と命名。「草木染百色鑑」、「草木染手織抄」、長編小説「草木染」等刊行。

山崎(やまさき)青樹(せいじゅ)(1923‐2010)草木染研究家・染色工芸家・日本画家
1923(大正12)年、東京生まれ。子どもの頃から絵心があり14歳の時横山大観に出会い、日本画を志す。戦後、父・斌と長野県佐久郡前山村に移住し、草木染の研究と手織紬制作を始める。その後、群馬県高崎市に移転。1975(昭和50)年、現代の名工として労働大臣表彰、黄綬褒章、旭日双光章等など受賞多数。著書に「草木染日本の色」、「草木染日本の縞」などがある。

山崎(やまさき)和樹(かずき)(1957- )草木染研究家・染色工芸家・草木染研究所柿生工房(草木工房)主宰
1957(昭和32)年、群馬県高崎市生まれ。博士(学術)。父・青樹のもとで草木染の研究を始め、川崎市に移転後、草木染研究所柿生工房(草木工房)を開設。1995(平成7)年より天然染色に関わる世界各地での国際会議に参加し研究発表、草木染を海外に紹介。現在、東北芸術工科大学・京都造形藝術大学非常勤講師。著書に「草木染 四季の自然を染める」、「藍染の絵本」などがある。

【開催概要】

◆会期
2019年10月3日(木)~2020年1月19日(日)

◆会場
岡谷蚕糸博物館シルクファクトおかや 企画展示エリア

◆入館料
一般 510円(410円)/  中高校生 310円(210円)/ 小学生 160円(110円)
※( )内は10名以上の団体料金。諏訪地域6市町村の小中学生は無料。岡谷市内への高校通学者及び岡谷市内在住高校生は無料。

◆休館日
毎週水曜日、祝祭日の翌日
※年末年始(2019/12/29~2020/1/3)

【会期中のイベント】

 こちらをご覧ください。

 

 

【企画展「草木染 ー山崎斌・青樹・和樹 三代の軌跡ー」】ギャラリートーク&ワークショップ申込状況について(10/10(木)現在)

10/10(木)現在の申込状況は以下のとおりです。

お申し込み前にご確認くださいますよう、お願いいたします。

[山崎和樹氏による染解説&ギャラリートーク]

草木染の技術を祖父・父より受け継ぎ、継承している山崎和樹氏による草木染めの話と、色彩豊かな展示品を見ながらギャラリートークを行います。

<日時>

①令和元年10月3日(木終了しました。

②令和元年11月28日(木→お申し込み可能。

③令和2年1月19日(日→お申し込み可能。

各回、午前10時~午前11時30分

各回50人(要事前申込)

 

[山崎和樹氏による草木染ワークショップ]

山崎和樹氏のご指導で、44cm×170cmの大判シルクオーガンシーを草木染します。

<日時>

①令和元年10月3日(木):「藍」染講座終了しました。

②令和元年11月28日(木):「いちい」染講座申込受付終了

③令和2年1月19日(日):「紅花」染講座申込受付終了

各回、午後1時30分~午後3時30分

各回20人(要事前申込)

チラシ表

チラシ裏

 

 

10月の休館日

10月の休館日は以下のとおりです。

お出かけの際に、今一度ご確認ください。

【博物館休館日】

10月 1日(火)

    2日(水)

    9日(水)

   15日(火)

   16日(水)

   23日(水)

   30日(水)

ご来館の際にはご確認をよろしくお願いいたします。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

=====================================

岡谷蚕糸博物館の情報

★休館日 毎週水曜日(その日が祝日の場合は開館)

祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)

その他臨時休館あり

★開館時間 午前9時~午後5時

まゆちゃん工房、製糸工場は、午前9時~正午、午後1時~午後4時

★2019年度 岡谷蚕糸博物館 年間スケジュール.pdf 

【令和元年10/3(木)-令和2年1/19(日)開催】企画展「草木染 ー山崎斌・青樹・和樹 三代の軌跡ー」

<日時>

令和元年10月3日(木)~令和2年1月19日(日)

植物から色をいただいてきた人間の色彩の悠久の歴史の中で、現在は、誰もが「草木染」という言葉を使いますが、永く行われてきたその天然染料による」染色を「草木染」と命名したのは山崎斌です。山崎斌とその息子・青樹、そして青樹の息子・和樹による、植物の¨色¨に魅せられてきた染色家三代の軌跡を、植物の持つ豊富な色彩とその作品でご紹介いたします。

青樹、没十年にあたり、三代を一堂に展示するのは、本邦初めてのことです。

 

【会期中のイベント】

[山崎和樹氏による染解説&ギャラリートーク]

草木染の技術を祖父・父より受け継ぎ、継承している山崎和樹氏による草木染めの話と、色彩豊かな展示品を見ながらギャラリートークを行います。

<日時>

①令和元年10月3日(木)、②11月28日(木)、③令和2年1月19日(日)

いづれも午前10時~午前11時30分

<会場>

岡谷蚕糸博物館「きぬのひろば」&企画展示エリア

<定員>

各回50人(要事前申込)*9月20日(金)午前9時~申込受付開始

<参加費>

無料*ただし、入館料が必要になります。(一般:お1人510円、中高生:お1人310円、小学生:お1人160円)

<講師>

草木工房・山崎和樹氏

 

[山崎和樹氏による草木染ワークショップ]

山崎和樹氏のご指導で、44cm×170cmの大判シルクオーガンシーを草木染します。

<日時>

①令和元年10月3日(木):「藍」染講座、②令和元年11月28日(木):「いちい」染講座、③令和2年1月19日(日):「紅花」染講座、いづれも午後1時30分~午後3時30分

<会場>

岡谷蚕糸博物館「まゆちゃん工房」

<定員>

各回20人(要事前申込)*9月20日(金)午前9時~申込受付開始。

<参加費>

お1人5,000円(税込)*染料・シルクストール・講習代込。

<講師>

草木工房・山崎和樹氏

チラシ表

チラシ裏

 

 

まゆでウェディングうさぎをつくろう♡♡(終了しました。)

『ユミカツラ シルクの魅力とブライダルファッション展』開催記念ワークショップまゆでウェディングうさぎをつくろう

ただいま開催中の企画展『ユミカツラ  シルクの魅力とブライダルファッション展』にちなみ、まゆちゃん工房ではウェディングうさぎを作るワークショップを開催します。ドレスの色は3色ご用意しています。その中から好きなカラーを選んで一体作っていただきます。まゆのあたたかな光をまとった花嫁うさぎ。福を呼びそうですね!みなさまのご参加をお待ちしております。

【募集要項】

★開催日:2019年9月7日(土)13:30~15:00頃

★場所:岡谷蚕糸博物館 まゆちゃん工房

★定員:20名

★参加費:800円(ウェディングうさぎ一体にガラスの器がつきます。)

★申込方法:電話にてお申込みください。  

      岡谷蚕糸博物館 TEL:0266-23-3489

★持ち物:特にございません。

9月の休館日

9月の休館日は以下のとおりです。

お出かけの際に、今一度ご確認ください。

【博物館休館日】

9月 4日(水)

  11日(水)

  17日(火)

  18日(水)

  24日(火)

  25日(水)

  30日(月)

ご来館の際にはご確認をよろしくお願いいたします。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

=====================================

岡谷蚕糸博物館の情報

★休館日 毎週水曜日(その日が祝日の場合は開館)

祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)

その他臨時休館あり

★開館時間 午前9時~午後5時

まゆちゃん工房、製糸工場は、午前9時~正午、午後1時~午後4時

★2019年度 岡谷蚕糸博物館 年間スケジュール.pdf 

企画展『ユミカツラ シルクの魅力とブライダルファッション展』(終了しました。)

岡谷蚕糸博物館 リニューアルオープン5周年記念
『ユミカツラ シルクの魅力とブライダルファッション展』開催

「伝統と革新」「和と洋の融合」をめざし世界で挑戦し続けるブライダルファッションデザイナー桂由美。「花嫁を一番美しく輝かせるため」から始まったブライダルファッションの魅力に合わせ、日本の伝統美を守り、メイドインジャパンの素晴らしさをシルクで表現するユミカツラの素晴らしい作品の数々。活動の様子とドレスがこの夏、シルクファクトおかやに並びます。

岡谷蚕糸博物館  シルクファクトおかやは、この8月でリニューアルオープン5周年を迎えます。5年前のリニューアルオープン時にも桂由美さんをお招きしてトークとファッションショーを開催。国内の地方都市では、この岡谷市でしか開催しておらず、今回の5周年記念展示も桂さんとのご縁から快諾いただき、開催が実現しました。

本展示では和の要素を取り入れた斬新で華やかなウェディングドレスの展示のほか、制作アトリエの様子も再現。シルクの歴史や文化を伝えるシルクファクトおかやと世界が認めるトップデザイナー、カツラユミのウェディングドレスのコラボレーションが新たなシルクの魅力を生み出します。

会期中は桂由美さんご自身によるギャラリートークなど展示解説のイベントや関連書籍・製品の販売なども予定しております。

この機会にみなさまのご来場を心よりお待ちしております。

◆会期
令和元年8月1日(木)~9月29日(日)

◆会場
岡谷蚕糸博物館シルクファクトおかや 企画展示エリア

◆入館料
一般 500円(400円)/  中高校生 300円(200円)/ 小学生 150円(100円)
(  )内は10名以上の団体料金。諏訪地域6市町村の小中学生は無料。岡谷市内への高校通学者及び岡谷市内在住高校生は無料。

◆休館日
毎週水曜日、祝祭日の翌日
※8月14日・21(水)は臨時開館 8月22日(木)は無料開放

◆会期中のイベント

【オープニングイベント】 

(株)ユミカツラインターナショナル アクセサリーデザイナーで本展示のディスプレイ担当の藤原綾子氏によるギャラリートークを行います。(要入館料)

日時:令和元年8月1日(木)10:00~11:00

【桂由美氏によるギャラリートーク&サイン会】

作品解説ならびに製作秘話を桂由美さんご自身からお話しいただきます。
ギャラリートーク終了後、サイン会を開催します。
日時:令和元年8月22日(木)10:00~/13:30~ (2回)
参加費:無料(入館料も開館記念日のため無料)
定員:各回50名(要事前申込)
申し込み受付:8月8日(木)9:00~(TEL:0266-23-3489)

◆その他
展示期間中、エントランスホールのショップにて、桂由美氏書籍・ユミカツラ関連の製品を販売いたします。

◆主催
岡谷市

◆協力
株式会社ユミカツラインターナショナル

◆後援
信濃毎日新聞社/長野日報社/岡谷市民新聞社/SBC信越放送/NHK長野放送局/NBS長野放送/TSBテレビ信州/abn長野朝日放送/エルシーブイ株式会社