silkfact_admin のすべての投稿

岡谷蚕糸博物館紀要15号(令和3年3月発刊予定)予約受付のお知らせ

平成8(1996)年に創刊した岡谷蚕糸博物館紀要は、蚕糸業法の廃止や製糸業の衰退の中で、今、遺しておかなければならないことを含め、蚕糸業の姿と産業にたずさわった人たちの言葉を後世に伝承し、蚕糸業の過去と現在を未来にむけて発信するために刊行してきました。平成21(2009)年度にいったん休刊となりましたが、その復刻を願う声は、岡谷のみならず日本全国から届けられ、10年の時を経て、今年度復刻の運びとなりました。この間、蚕糸業を取り巻く環境は、残念ながら加速して悪化しています。厳しさを増すこの時期にこそ、明治以降、生糸の一大生産地として栄え、日本の近代化を支えた岡谷で、止むことなく蚕糸業の真の姿を顕彰していく意義を感じます。そこには、先人たちの知恵と努力、技術と知識など実際にたずさわった大勢の人たちの息遣いがあり、客観的な資料と文書に基づいて明らかにすることで、困難な時代を生き抜く知恵を学ぶことができます。それらを余すことなく、受け継ぎ、伝え残していくのが岡谷蚕糸博物館の紀要です。

令和3年3月の発刊に向けて、事前予約のお申込を承ります!たくさんの方々のお申込、お待ちしております。

【紀要15号】

・発刊:令和3年3月(予定)

・体裁:A4仕様100頁(うち巻頭カラー8頁)

・価格:1,300円(税込)

・お申込方法:お電話かメール、またはこのお申込書にご記入いただき、ファックスか郵送で岡谷蚕糸博物館へ直接お申込(発刊となりましたら、博物館窓口受取り希望の方へはご連絡いたします。発送希望の方には順次お送りいたします。送料は1冊84円となります。送料を含む紀要代金の振込書を同封いたしますので、お手元に届きましたら、お手数ですが、お振込をお願いいたします。)

・その他:ご不明な点等ございましたら、岡谷蚕糸博物館(℡:0266-23-3489)までお問い合わせください。

   ↑紀要15号 予約受付のお知らせとお申込書

令和3年2月の休館日

令和3年2月の休館日は以下のとおりです。

お出かけの際に、今一度ご確認ください。

【博物館休館日】

2月  3日(水)

   10日(水)

   12日(金)

   17日(水)

   24日(水)

ご来館の際にはご確認をよろしくお願いいたします。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

=====================================

岡谷蚕糸博物館の情報

★休館日 毎週水曜日(その日が祝日の場合は開館)

祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)

その他臨時休館あり

★開館時間 午前9時~午後5時

製糸工場は、午前9時~正午、午後1時~午後4時

        まゆちゃん工房・カイコふれあいルームにつきましては、新型コロナ     

        ウィルス感染拡大防止、3密を防ぐためお休みとさせていただいており

        ます。再開時期につきましては、ホームページ等でお知らせしていきま

                            す。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

収蔵品紹介 下駄スケート!

毎日寒いですね~
諏訪湖では1/13(水)に全面結氷しました!
御神渡りにも期待が膨らんでいます!!
お写真は昔、諏訪湖では下駄スケートを履いて氷上に立ち、満面の笑みを浮かべている若者たちです。
下駄スケートは昭和30年くらいまでは使われていたようです。数十年前までは諏訪湖でスケートをしていました。
諏訪から岡谷の高校までスケート通学していたとか、湖上の氷の厚さは色で分かったとか、滑るとミシミシ!と音がする、というエピソードをそこら中で耳にします。
諏訪の寒さが育んだ「スケートのまち岡谷」です。

まもなく終了します!

現在開催されている企画展「信州の作家展Part.2 信州型染-中島久雄 小紋染とともに-」が1月17日(日)をもって終了します。

まだご覧になられてない方も、もう1度ご覧になりたい方も、何度もご覧になりたい方も、ぜひお越しください!

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

【次回企画展「諏訪のものづくり-蚕糸業から精密業へ-」開催のお知らせ】

明治初期から昭和の初期まで、わが国の生糸生産量一位を誇ってきた岡谷。その繊細な技術と英知が新たな精密加工業を生み出しました。諏訪人が生み出す技術の粋を感じ取ってください。

皆様におかれましては、ご家族・ご友人お誘いのうえ、ぜひお出かけください。

【開催期間】

令和3年1月21日(木)~4月18日(日)

【場所】

岡谷蚕糸博物館 企画展示室

【その他】

新型コロナウィルス感染予防対策実施中(マスク着用、手指の消毒、検温の実施、利用者カードのご記入、間隔を空けてのご見学にご理解・ご協力をお願いいたします。)

 

2021諏訪のものづくりチラシ(表)

2021諏訪のものづくりチラシ(裏)

諏訪湖の白鳥(諏訪湖ハイツ様 前)

年が明けてから一段と寒さが増してきましたね。

皆様、体調崩さずお過ごしでしょうか。

寒さが増してきたのと同時に諏訪湖に飛来してきた白鳥の数も増えてます!

1/13(水)現在、49羽いましたよ♪(R2.12/20:1羽、R3.1/6:15羽、R3.1/9:27羽、R3.1/13:49羽)

※博物館スタッフ撮影者カウント(数は参考)

皆様もお近くに来られた際はぜひ立ち寄ってみてください♪

 

☆蚕糸公園イルミネーション☆

現在、岡谷市内にあります蚕糸公園ではイルミネーションが点灯されています☆
毎年、岡谷市職員有志の方々が続けていて、今回で13回目になります!
イルミネーションの中には地元高校生のアイディアも取り入れられています。
この時期、寒さがとても厳しい時期で、私が撮影した1/8(金)の夜は雪が舞っていましたが、空気がとても澄んでいてイルミネーションの光も色鮮やかに輝いています(^^♪
新型コロナウィルス感染拡大などの暗いニュースが多い中、見に来た方々や通りがかった方々の癒しになっていると思います。
点灯は3月中旬頃まで毎日、午後5時~10時まで行われています。
お近くに来られた際にはぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか♪

ミュージアムショップ新商品のご紹介

1月5日(火)~三沢区民農園の桑の実ジャムを使った「桑の実キャンディー」の販売が始まりました。

こちらの商品は市内にあるサンユー製作所が企画した同農園の商品になります。

桑の実は同農園が市内で育てて加工したジャムを使っており、松本市の山屋御飴所が水あめと混ぜて製造してあるものです。入れ物のふたのデザインは当館職員の協力で、桑の葉や蚕、「Silk Fact OKAYA」の文字が印刷されています。

1缶(10粒入)で550円(税込)となります。

皆様もお越しいただいた際には『来館記念』としてご購入してみてはいかがでしょうか!

今年もよろしくお願いいたします。

新年明けましてあめでとうございます。

当館は本日1/4(月)~仕事始めでした。

今年も多くの方々のお越しを心よりお待ちしております。

お写真は1/1(金)、岡谷市釜口水門から見た初日の出です。

寒い日でしたが、空気がとても澄んでいて気持ちのいい1年の始まりとなりました。

皆様にとって、素敵な1年になりますように☆