silkfact_admin のすべての投稿

P1210979

「わくわくふれあいシルクサマーセミナー」を開催しました【実習生ブログ】

博物館では、博物館実習の大学生を受け入れています。

7月下旬に来られた実習生に、イベント「わくわくふれあいシルクサマーセミナー」について、ブログの記事を書いてもらいました。

—————————————————————

実習生の新田と申します。

7月29日に開催された、「わくわくふれあいシルクサマーセミナー」の様子をお伝えしたいと思います。ご参加くださった皆様ありがとうございました。

台風も過ぎ去り、恵まれたお天気の中、わくわくドキドキしながらシルクについてたくさん学べる一日となりました。

「お蚕さまに学び、未来を考える!」というテーマのもと、さまざまな体験や講座、見学など、内容盛りだくさんでした。

 

現在、研究の最前線でご活躍されている農研機構の研究者の皆様による講座では、カイコの不思議やシルクの魅力についてたっぷりと教えていただきました。

そのなかでも目玉となっていた講座が、カイコのドキドキ解剖です。

お蚕さまの大切な命をいただくことに感謝しながら、解剖を通してカイコの体の仕組みを学んでいきます。

CIMG9293

カイコの体にはさみを入れていくのは勇気がいりますよね。

勇気を出して、おそるおそるはさみを入れると、桑の葉っぱをもりもり食べたカイコの腸からは緑色のものが・・・。

(※カイコの腸には消化されている桑の葉がびっしりと詰まっている。)

ところで、カイコの血液は透明なのです。

 

 

CIMG9297

解剖をしながら、カイコの体の仕組みを学ぶことが出来ました。

最初はおそるおそる進めていた皆さんも、興味津々に取り組んでいました。

 

午後には桑染め体験の講座も行われました。カイコの大好物の桑の葉を煮出した液で、シルクのハンカチを染めました。

絞りという方法を用いて好きな模様にしていきます。輪ゴムで縛った部分には染液が入らず、模様となります。

絞り方には皆さんの個性があらわれていておもしろかったです。

P1210972

染め終わり、絞っていた輪ゴムを外すのはドキドキの瞬間。

どんな模様になっているのか楽しみです。

P1210979

染めたハンカチを干していくと部屋がぱあっと明るくなり、とても美しい景色でした。

世界に一つの自分だけのハンカチ、すてきですね。

 

セミナーの最後には、一日しっかりと学んだ子どもたちに「おカイコ博士認定証」が授与されました。

P1220007

 

ほんとうに内容たっぷりの一日でしたが、カイコやシルクについてたくさん学び、まさに「おカイコ博士」になれたのではないでしょうか。

今回紹介した講座以外にもたくさんの講座が行われ、大人も子供も楽しく学べるセミナーとなりました。

 

おカイコ博士になりたいなら、ぜひ岡谷蚕糸博物館へお越しください!

桑

【桑情報】第6号 アメシロの孵化確認。

博物館前の芝生広場には「しだれ桑」が植えられています。

2018年8月9日、その桑を見てみると、アメリカシロヒトリが孵化し巣網を張っていました。秋のアメシロが早くも活動をはじめたようです。

9月頃を予想していたところですが、通常この時期に孵化するものなのでしょうか?この猛暑のなかでもアメシロは命をつないでいたようです。この猛暑はアメシロにとって何らかの影響を与えたのでしょうか?

博物館ではアメシロの大発生を抑えるため、桑、桜など、こまめな点検により小さいうちから駆除していきたいと思います。

IMG_1063.cleaned

 

 

桑

【桑情報】第5号 桑の剪定

先日、前年から伸びた博物館の桑の枝を根本から剪定しました。この時期に剪定することを「夏切り」といいます。

IMG_1044

写真のとおり、切り株のような状態にさっぱり刈り込まれました。「夏切り」は、本来、春蚕飼育後に行うものですから、もう少し早い時期に剪定しなければならなかったようです。

博物館では、引き続き蚕を飼育するため、桑が必要ですから「夏切り」したのは写真のとおり、桑畑の2つの畝だけです。では、「夏切り」をしない桑の剪定をどうするのかといいますと、遡ること約半年前の3月後半、前年から伸びた枝を「夏切り」と同様にばっさりと既に剪定しておりました。これを「春切り」(別名:彼岸切り)といいます。桑は、このように年に1回剪定されています。

春切りの桑・・・夏蚕以降の飼育用として

夏切りの桑・・・春蚕の飼育用として

12月  4月 8月  12月  4月 8月 12月 4月
 春切りの桑 剪定  剪定 剪定
 夏切りの桑  剪定  剪定  剪定

 

なぜ、剪定するのか・・・

剪定を行う理由は、人が蚕を育てるために都合が良いからで、毎年成長した枝を切り落とされている桑にとっては、いいことではないようです。剪定される桑は、20~30年で植え替えが必要になるようです。では、剪定をしないとどうなるか・・・大木になるそうです。

IMG_1045

 

休館日02

2018年8月の休館日

8月の休館日は以下のとおりです。

ご来館の際にはご確認をよろしくお願いいたします。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

  8月 8日(水)

    22日(水)

    29日(水)

 

8月15日(水)臨時開館いたします。

  お盆休みに、ぜひ博物館へお出かけください!

=====================================

岡谷蚕糸博物館の情報

 

★休館日 毎週水曜日(その日が祝日の場合は開館)

祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)

その他臨時休館あり

★開館時間 午前9時~午後5時

まゆちゃん工房、製糸工場は、午前9時~正午、午後1時~午後4時

★2018年度 岡谷蚕糸博物館 年間スケジュール.pdf 

無題

【終了しました】祝!開館4周年イベント!8/1(水)は入館料無料♪

無題

★8月1日はシルクファクトおかやの開館記念日★

平成30年8月1日をもって、シルクファクトおかやは4周年を迎えます!

そこで、一緒にシルクファクトおかやの誕生日をお祝いしませんか!?

この日はスペシャルなイベントが盛りだくさん!

しかも、入館料は無料!!

8月1日はシルクファクトおかやにあつまれ~♪

(着物や浴衣、甚平で来ると、特典もあるよ!)

 

 

■■■■日時■■■■■■■■■■■■■■

平成30年8月1日(水)  終了しました
9:00~17:00

 

 

■■4周年記念イベント内容一覧■■■■■

●入館料無料

どなた様も入館料無料です。

 

●和装(着物、浴衣、甚平)での来館特典

普段は撮影できない構図で、富岡製糸場で使われていたフランス式繰糸機と一緒に記念撮影ができます。
(カメラ等の撮影機器はお客様にてご用意ください。)

着付がご心配な方は・・・

kinuri 浴衣の着付けワークショップ~自分で着付けてそのまま博物館へ行こう!

詳細 :kinuri  ホームページ

 

●職員が和装でおもてなし

館長が浴衣で館内の展示物をご案内します。(1回目:10:00~11:00、2回目:13:30~14:30)
また、他の職員も和装にてお出迎えさせていただきます。

 

●繭ふぇす‐ワークショップ夏まつり

以下のとおり、この時期限定のワークショップを行います。
リニューアルオープンした館内まゆちゃん工房も見どころです。

①まゆ人形夏休み昆虫コレクション

概  要:カブトムシ、テントウムシ、みつばちの人形をまゆで作成します。
料  金:300円
所要時間:約30分
開催時間:9時~12時、13時~16時
会  場:きぬのひろば(岡谷蚕糸博物館内)
申  込:不要。

P1210783

➁藍のこすり染め

概  要:藍の生葉で簡単に染体め験
料  金:100円
所要時間:約30分
開催時間:9時~12時、13時~16時
会  場:まゆちゃん工房(岡谷蚕糸博物館内)
申  込:不要。

➂くみひもストラップ作り

概  要:道具を使わないシルクのくみひもづくり。
料  金:500円
所要時間:約40分
開催時間:1回目‐9時30分~、2回目‐10時30分~
会  場:きぬのひろば(岡谷蚕糸博物館内)
申  込:要申込。9時から博物館受付にてお申込みください。定員各回12名。

 

④水引きワークショップ

概  要:水引き糸を使い金魚をつくります。
料  金:400円
所要時間:約40分
開催時間:1回目‐11時~、2回目‐13時~
会  場:きぬのひろば(岡谷蚕糸博物館内)
申  込:要申込。9時から博物館受付にてお申込みください。定員各回10名。

P1210792

 

➄繭のハーバリウム作り

概  要:繭や生糸を使ったハーバリウム。
料  金:1,000円
所要時間:約40分
開催時間:1回目‐14時~、2回目‐15時~
会  場:まゆちゃん工房(岡谷蚕糸博物館内)
申  込:要申込。9時から博物館受付にてお申込みください。定員各回12名。

P1210798

●復活 養蚕すごろく!

シルクフェアで好評だった養蚕すごろくを再び遊べるように展示します。

●野菜の直売(協力:五味農園、わかばファーム)

ひざわのトウモロコシをはじめ、新鮮な野菜の直売を行います。
売切次第終了です。

 五味農園  facebook

 わかばファーム  facebook

●桑に関する展示(協力:株式会社ストリーム)

・桑の効能に関する解説パネル展示
・桑の関連商品の販売
・ミニ水耕栽培装置の展示

 株式会社ストリーム  ホームページ

●お試しレンタサイクル体験(協力:おかやブランドプロモーション協議会)

博物館でレンタルしているファットバイクやマウンテンバイク等を無料で試乗できます。

 おかやブランドプロモーション協議会  facebook

 

 

チラシはこちら

お問い合わせは、 岡谷蚕糸博物館 TEL 0266-23-3489 へ
皆様のご参加をお待ちしております!

 

カイコイラスト②

【終了しました】わくわくふれあいシルクサマーセミナー! 

シルクファクトおかやの夏のイベント
「わくわくふれあいシルクサマーセミナー」今年もやります!!!!

 

今年は例年より少し早く、7月29日(日)に開催します。
シルクの魅力をたっぷり味わえる一日。
今年の夏は、岡谷で「おカイコ博士」になろう!!

イベントの詳細はこちらのチラシをご覧ください。

わくわくふれあいサマーセミナーちらし

広報用_2016_わくわくセミナー

「おじさん!早く、僕にものぞかせて!!」

 

おカイコ様の解剖です!!!

おカイコさまの解剖

 

(昨年度の様子) 桑の葉をたくさん採って、おカイコさまのえさやりと桑の染色に使いました!

桑の葉染めの準備

 

申し込みお問い合わせは、 岡谷蚕糸博物館 TEL 0266-23-3489 へ
皆様のご参加をお待ちしております!

 

講演会「計量は文明の母である」開催しました

収蔵品展「カイコも繭も糸も ハカル。」関連イベント

 東洋計器株式会社 代表取締役社長  土田泰秀氏による講演会
 「計量は文明の母である」 岡谷蚕糸博物館で開催しました 2018.7.21
P1210743
東洋計器株式会社は長野県松本市に本社を持ち、明治38年から水道メーター、ガスメーター製造を行う計器メーカーで、国内最大の12,000点に及ぶ国内外の度量衡計器を収蔵・展示する東洋計量史資料館を所有しています。

講演では、ハカルことは「度量衡」、すなわち「度」(長さ)、「量」(容積)、「衡」(重さ)の三種類である、という解説から始まり、それぞれを「はかる」道具や歴史について、所蔵資料の写真を参照しながらお話しいただきました。

 P1210749

土田氏が計器類を収集するきっかけになった江戸時代の「懐中秤」

後半は場所を展示会場に移し、養蚕・蚕種・製糸業において使用されてきた様々な「ハカル」計器の使い方などを担当学芸員が解説。

P1210769

大沢式雌雄鑑別機

メリーゴーランウドのような雌雄鑑別機は、繭の重さによって蛹の雌雄を鑑別できます。実際に回してみると、繭が雄、雌と別の場所でぽとりと下に落ちる仕組みです。これにはお客さんからも「なるほど~」という声が。

このほか、富岡製糸場で使用されていた台秤など、貴重な資料も紹介されました。

 

収蔵品展「カイコも繭も糸も ハカル。」は9月2日(日)まで開催しています。

また、8月12日(日)には関連イベント「カイコも繭も糸もハカル体験」が開催されます!! 夏休みの一研究に、ぜひご参加をお待ちしています!!!

休館日02

2018年7月の休館日

今月の休館日は以下のとおりです。

ご来館の際にはご確認をよろしくお願いいたします。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

  7月 4日(水)

    11日(水)

    17日(火)(祝日の翌日のため)

    18日(水)

    25日(水)

 

=====================================

岡谷蚕糸博物館の情報

 

★休館日 毎週水曜日(その日が祝日の場合は開館)

祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)

その他臨時休館あり

★開館時間 午前9時~午後5時

まゆちゃん工房、製糸工場は、午前9時~正午、午後1時~午後4時

★2018年度 岡谷蚕糸博物館 年間スケジュール.pdf 

はかる・わかる ワークショップ!

収蔵品展「カイコも繭も糸も ハカル。」関連イベント 
夏休みの研究はこれでバッチリ!『はかる・わかるワークショップ』

 

【1】カイコの吐く糸はどのくらい? 糸の長さしらべ

お蚕さまはどのくらい糸を吐いて繭をつくるのかな。糸の始まりの出た繭を、10メートル間隔間を自分で行ったり来たりして、自分の足で繭糸の長さを体感します。さて、どのくらいの長さになるでしょう?

日 時: 7月8日(日) 9:30~12:00 終了しました
定 員:20組 要申込
(保育園児、小学生大歓迎!小学3年生以下の場合は保護者同伴のこと)
参加費:無料
持ち物:汗ふきタオル、飲料、帽子
会 場:岡谷蚕糸博物館外グリーンスクエア(雨天の場合は、きぬのひろば)
申込み:下記宛先まで

 

【2】うまくつり合うかな? 繭で海の生き物モビールづくり

繭で作ったクジラやタコや魚に糸をつけて、桑の枝の左右に吊り下げてモビールづくり。うまくつり合いがとれるかな。できあがったモビールは、風にゆれてカワイイよ。

日 時:8月5日(日) 13:30~15:30
定 員:20組 要申込
(小学生の場合は保護者同伴のこと。つり下げるときに2人1組で行います)
参加費:500円(材料代)
持ち物:特になし
会 場:岡谷蚕糸博物館 きぬのひろば
申込み:下記宛先まで

 

 

【3】いろいろハカル。 カイコも繭も糸も ハカル体験

お蚕さまは1ヵ月で卵から何倍の重さになるの?たくさんの繭を楽に数えるには?などなど、さまざまなギモンを、実際に秤を使ってはかってみましょう!

日 時: 8月12日(日)13:30~15:30
定 員:20人 要申込み
対 象:小学5年生以上(大人も大歓迎!)
参加費:無料
持ち物:電卓、筆記用具
会 場:岡谷蚕糸博物館 きぬのひろば
申込み:下記宛先まで

 

【申込み・お問合せ先】
  岡谷蚕糸博物館までお申込み下さい。
  TEL:0266-23-3489
  E-mail:hakubutsukan@city.okaya.lg.jp

 

 

土田泰秀氏による講演会「計量は文明の母である」 (終了しました)

収蔵品展「カイコも繭も糸も ハカル。」関連イベント 

講演会「計量は文明の母である」
 東洋計器株式会社 代表取締役社長 土田泰秀氏

東洋計器株式会社は長野県松本市に本社を持ち、明治38年から水道メーター、ガスメーター製造を行う計器メーカーで、国内最大の12,000点に及ぶ国内外の度量衡計器を収蔵・展示する東洋計量史資料館を所有しています。社長の土田泰秀氏に「はかる」ことについて、その歴史と人間の叡智についてご講演いただきます。

・開催日:平成30年7月21日(土) 終了しました
・時 間:13:30~14:30 講演会
     14:30~15:30 岡谷蚕糸博物館職員によるギャラリートーク
・会 場:岡谷蚕糸博物館 きぬのひろば/企画展示室
・定 員:60名 要申込み
・参加費:無料 ※ギャラリートークは入館料が必要
・申込み:お電話またはE-mailにて岡谷蚕糸博物館までお申込み下さい。
     TEL:0266-23-3489
     E-mail:hakubutsukan@city.okaya.lg.jp