silkfact_admin のすべての投稿

休館日

2018年2月の休館日

今月の休館日は以下のとおりです。

ご来館の際にはご確認をよろしくお願いいたします。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

2月 7日(水)

  13日(火)祝日の翌日

  14日(水)

  21日(水)

  28日(水)

=====================================

岡谷蚕糸博物館の情報

★休館日 毎週水曜日(その日が祝日の場合は開館)

祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)

その他臨時休館あり

★開館時間 午前9時~午後5時

まゆちゃん工房、製糸工場は、午前9時~正午、午後1時~午後4時

★2017年度 岡谷蚕糸博物館 年間スケジュール.pdf 

IMG_6048

御神渡り現れる!

5季ぶりに御神渡りが現れ、今朝、諏訪湖上で拝観式が行われました。

今日の諏訪湖の様子です。

IMG_6048

諏訪には、諏訪大社があり、上社と下社があります。

上社は男の神様で下社は女の神様と言われ、

御神渡りは、上社の男の神様が、下社の女の神様に会いに行くために

通った道と言われている現象です。

ロマンチックですね。

 

お出かけの際は、暖かい格好をしてお越しください。

また、博物館にも、是非、お立ち寄りください 😛

鍋語る

収蔵品展『鍋、語る。~繭を煮る、糸を取る~』 開催中!

岡谷蚕糸博物館収蔵展
『鍋、語る。~繭を煮る、糸を取る~』

平成30年1月25日(木)~平成30年4月15日(日)開催中!

「鍋語る」チラシ表

 当館では、150点に及ぶ「鍋」を収蔵しています。
「鍋」と聞けば、台所で料理の煮炊きに使う「鍋」を連想しますが、製糸業において「鍋」は、繭を煮て生糸にする欠かせない道具です。
明治以降、製糸工場が次々と操業を始める中で、近代化の象徴ともいうべき蒸気機関を用いて、蒸気で沸かしたお湯で繭を煮て糸にするようになりました。これはとても画期的なことでした。鍋の形状も千差万別。勢いよく繰り枠が回り、蒸気たちこめる製糸工場の中で、数えきれないほどの鍋が用いられてきたことは、製糸業のひとつの貴重な姿でした。
今回の展示では、製糸業の発展に伴い様々に形を変えてきた鍋と、その製造に携わった人々、鍋をとりまく周辺装置などを一挙に展示いたします。もの言わぬ鍋が語るその変遷と、製糸業に心血をそそいだ先人たちの知恵と挑戦への姿をお楽しみください。
主催:岡谷市
協力:辰野美術館、橋本多美雄、高遠町歴史博物館、伊那市創造館

企画展チラシのダウンロード→ チラシ表チラシ裏

 

 

★関連イベント開催!

※いずれも岡谷蚕糸博物館(0266-23-3489)までお電話でお申込みください。

 

1)講演会・ギャラリートーク「鍋を語る」

鍋製造地ならではの歴史的経緯や、鍋職人たちの姿を語っていただきます。

日 時:平成30年2月11日(日)13:30~
講 師:赤羽義洋(辰野町立辰野美術館学芸員)、橋本多美雄(高遠町丸千組の最後の陶工のご子息)
定 員:50名(要申込み)
参加費:無料(要入館料)
内 容:講演(講師2名)、ギャラリートーク(博物館職員)

 

2)ワークショップ①
  初体験!「私だけのランプシェードづくり」

自分で実際に鍋で繭を煮て、その煮た繭で直接ランプシェードづくりを行います。作ったランプシェードはお持ち帰りいただけます。

日 時:平成30年2月24日(土)13:30~15:30
対 象:小学3年生以上  ※火気、湯を用いるので児童は保護者同伴のこと
定 員:10名(要申込み)
参加費:700円(材料代含む)

ランプシェード - コピー

 

3)ワークショップ②
  初体験!「製糸工場の繰糸釜で糸取り体験!」

実際の製糸工場で諏訪式繰糸機を使った糸取り体験。バックヤードのボイラー室見学もあります。体験した糸は揚げ返して、生糸にしてお持ち帰りいただけます。

日 時:平成30年3月11日(日)13:30~15:30
対 象:小学3年生以上  ※火気、湯を用いるので児童は保護者同伴のこと
定 員:20名(要申込み)
参加費:無料(要入館料)

添緒写真_切り抜き

年賀状2018

2018年、明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
博物館は1/4から2018年の業務を開始いたしました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年末年始のスケジュールはこちら

年賀状2018

 

ところで、みなさんはお正月に着物を着られましたか?

成人式もあり、着物姿を目にする機会が最も多い時期ではないでしょうか。

そんな着物にかかせないアイテムが、帯を結んで留める「帯締め」です。

 

現在開催中の企画展「糸を組む〜あなたの知らない組紐の世界〜」では

絹の糸を組んだ美しい組紐の帯締めが展示されています。

P1190388

 

お正月にぴったりなこの展示をぜひ見に来て下さい!

展示は今月21日(日)までです。

 

 

P1190585

東京農工大学科学博物館と連携協力に関する協定

2017年12月22日、東京農工大学科学博物館と岡谷蚕糸博物館は
連携協力に関する協定を締結しました。
P1190585
協定書を手に、固い握手を交わす東京農工大学科学博物館 高木館長(右)と当館 高林館長(左)

 

この協定は、それぞれが持つ資源を活用しながら、互いの博物館における

活動の活性化を図るために結ばれたものです。

P1190657

東京農工大学科学博物館は、1886(明治19)年に旧農商務省の蚕病試験場に

設置された「参考品陳列場」を前身とする歴史ある博物館です。

蚕糸業に関する資料を中心に、大学で行われている最先端の研究成果なども

展示しています。

 

今回の協定により、資料の相互貸出しや、共同企画展の開催、研究調査の

協力などを行っていきます。

今後の両博物館の活動にご注目ください!!

 

東京農工大学科学博物館 ホームページ

 

戌

年賀状にどうぞ。オリジナル画像素材 無料配布!

干支のまゆ人形や、カイコの画像など、
シルクファクトおかやオリジナルの画像を無料でお使いいただけます!
年賀状の素材などにいかがですか?

 

※ 以下の画像をクリックして大きく表示し、画像の上で右クリックして保存してください。

※ 商用でのご利用はご遠慮ください。

※ ご利用後、以下のアドレスまで感想をいただければ嬉しいです。

hakubutsukan@city.okaya.lg.jp

 

戌 戌-まり2 戌-俵2
まゆ人形 戌-1

 

 まゆ人形 戌 まり-1

 

 まゆ人形 戌 俵-1

 

戌・だるま 戌-まり1 戌-俵1
 まゆ人形 戌 だるま

 

 まゆ人形 戌 まり-2

 

 まゆ人形 戌 俵-2

 

戌・カイコ カイコ-1 カイコ-2
 まゆ人形 戌 カイコ

 

 カイコ-1

 

 カイコ-2

 

まゆコサージュ-2 まゆコサージュ まゆを使ったハーバリウム
 まゆのコサージュ-1

 

 まゆのコサージュ-2

 

 まゆを使ったハーバリウム

 

絹布紙
絹布紙(きぬふし)

 

 

 

 

P1190499_s

まゆが光る!?クリスマスツリー登場!

博物館のエントランスにクリスマスツリーが登場しました!

P1190499

高さ2.5メートルもあるモミの木のツリーです。

シルクファクトらしく、まゆ人形をたくさん飾りました。

P1190495

そしてなんと!

まゆの飾りが光るんです✨!

P1190505

DSCN4284

少し暗くなってきた夕暮れ時がおススメです!

 

ほかにも館内には、まゆのクリスマス飾りがあちこちに。

景色もきれいな冬の博物館へぜひ遊びに来てください!

P1190489

P1190481

 

 

 

 

 

DSCN4279 -s

かんたん!くみひもワークショップを開催しました

好評開催中の 企画展『糸を組む 〜あなたの知らない組紐の世界〜』

関連イベントの様子をお伝えします。

12/2 (土)にワークショップ「かんたん!くみひも体験」を行いました。

 

特別な道具を使わず、手で「絹」の糸を組んでいきます。

好みの3色の絹糸を選びます。

DSCN4279

輪にした糸を指にかけて、左右に入れ替えながら組んでいきます。

DSCN4276

指の動きを覚えるまでが一苦労。

いったん覚えてしまえばスイスイと進みます。

 

30センチほどのひも状に組んだら、ストラップに仕上げます。

DSCN4280

みなさんとても素敵な作品を作ってくださいました。

 

今回のワークショップは用具を使わずに「組み」の技法を体験しました。

組紐は、専用の用具を使うとかなり複雑な文様を作り出すことができます。

✨多彩な組紐の世界✨をご覧いただける

企画展『糸を組む 〜あなたの知らない組紐の世界〜』

平成30年1月21日(日)まで開催しています。

ぜひご覧ください!!

 

 

 

 

IMG_1606.cleaned

繭を使う「ハーバリウム制作体験」12/24  【受付終了】

※ 定員に達したため受付終了いたしました ※
繭を使う「ハーバリウム制作体験」

IMG_1606.cleaned

今、話題のハーバリウム(植物標本)は、本来、植物を使って作られるものですが、生糸を使って “岡谷らしい” ハーバリウムを作ってみませんか!

自分のために、また、贈り物に、いかがでしょうか?

 

1.日 時: 平成29年12月24日(日)10時00分~(1時間程度)

2.場 所 :岡谷蚕糸博物館 きぬのひろば(岡谷市郷田1-4-8)

3.参加料: 1,000円(材料代として)

4.定 員: 20名

5.講 師:宮坂美登利氏

6.申 込:電話で事前受付  12月 9日 (土) 9時~受付開始 

TEL  0266-23-3489(岡谷蚕糸博物館)【定員に達したため受付終了】

7.持ち物:なし

8.その他:使用するビンのサイズ H12cm×W4cm
(透明のケース付です)

 

workshop_03

組紐 講演会・ワークショップを開催しました

好評開催中の 企画展『糸を組む 〜あなたの知らない組紐の世界〜』

関連イベントの様子をお伝えします。

11/11 (土)には、展示協力者である『有職組紐 道明』より道明 三保子先生をお招きし、

組紐の歴史や技法についてのスライドトークと、企画展のギャラリートークをして

いただきました。

event_01

スライドトークの様子。

遠方から見えたお客様もいらっしゃって、会場は満員でした。

ギャラリートークでは、展示している組紐の製作用具を使った実演も。

素朴な木の台(丸台・高台・綾竹台)を使って、複雑な文様をつくり出す「組み」の技法に感動!

組紐の多彩な世界をご紹介していただきました。

 

 

11/12 (日)には、こちらも満員御礼のワークショップ

丸台を使った本格的な組紐ストラップ製作体験を行いました。

workshop_02
整然と準備された丸台
DSCN4269
熱心な参加者の方々
DSCN4264
見本を見せる道明先生(中央)
workshop_01
完成したストラップ。本格的!

企画展『糸を組む 〜あなたの知らない組紐の世界〜』

平成30年1月21日(日)まで開催しています。

ぜひ足を運んでみてください!