silkfact_admin のすべての投稿

令和4年7月の休館日

令和4年7月の休館日は以下のとおりです。

お出かけの際に、今一度ご確認ください。

【博物館休館日】

7月  6日(水)

   13日(水)

   19日(火)

               20日(水)

   27日(水)

ご来館の際にはご確認をよろしくお願いいたします。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

=====================================

岡谷蚕糸博物館の情報

★休館日 毎週水曜日(その日が祝日の場合は開館)

祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)

その他臨時休館あり

★開館時間 午前9時~午後5時

製糸工場は、午前9時~正午、午後1時~午後4時

       館内のご見学につきましては、新型コロナウィルス感染拡大の影響によ

        り案内は「なし」とさせていただき、自由見学とさせていただいており

                            ます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

いっぱい食べて大きくなあれ!

現在、岡谷蚕糸博物館では春蚕の無料配布を行っています。
・第一弾配布…6月5日(日)~約1週間
・第二弾配布…6月20日(月)~約1週間

1組様20頭まで、小さな箱(お菓子箱など)を持参してお越しください。
お越しになる際は事前にお電話いただけるとありがたいです(頭数残りわずかな場合があるため)。

一度食らいつくと、こんな風に桑の葉にぴったりくっついて離れません!
お蚕様たちは毎日パクパク桑を食べて元気に育っています。

ここで与えている桑の葉は、当館の敷地内にある桑畑の葉です。

春蚕のお蚕様には、「せんしん」という種類の桑をあげています。

皆さんもお蚕様に会いに岡谷蚕糸博物館にお越しください!

「桑・クワ・くわ」展にぜひお越しください!

令和4年度5月19日から9月11日まで本博物館企画展示室にて「桑・クワ・くわ」展を開催しております。

 

本企画展開催に伴い、いくつかイベント開催も予定しております。

・6月11日(土)13:00~15:30 桑専門家小山朗夫先生の講演会
・8月6日(土)9:00~11:00 桑の葉の押し葉標本を作ってみよう
・8月27日(土)10:00~12:00 桑の葉のこすり染コースターづくり

いずれも要予約ですので、興味のある方は是非ご連絡ください。

 

 

 

スタッフあれこれ日記でも本企画展の様子を少し紹介いたします。

こちらの展示品は桑の拓本です。制昨年は不明ですが、「強兵」や「国華」といった桑の名が散見され、蚕の餌となる桑がいかに重要であったかが理解できる資料となっています。

 

 

こちらの展示品は、桑は蚕の餌としてのみならず、広く活用されてきたことを知ることのできるものとなっています。紙や生活用具として加工され、使われてきたようです。

 

 

 

こちらは全国各地の「桑」と名がつく地名を集めたものをカードにした展示です。カードを裏返しにするとどこの地名かわかるようになっています。皆さんの知っている地名はあるでしょうか。

 

 

また、博物館の外にも様々な種類の桑があったり、ここで紹介したもの以外にも面白い展示品が多くあるのでぜひお越しになってご覧ください。
たくさんの来館お待ちしております。

 

企画展 桑・クワ・くわ~知られざる桑の世界~ 関連イベントについて

桑・クワ・くわの企画展会期中に、講演会やワークショップなどの関連イベントを実施します!!

【会期中のイベント】

  • 桑専門家の小山朗夫先生による講演会【終了しました】

日時:2022年6月11日(土)13:30~15:30

会場:岡谷蚕糸博物館 きぬのひろば

定員:20名(要事前予約)

参加費:無料(入館料は別途必要です)

  • 桑の葉の押し葉標本を作ってみよう

日時:2022年8月6日(土)9:00~11:00

会場:岡谷蚕糸博物館敷地内

定員:10名(要事前予約)

参加費:300円

  • 桑の葉のこすり染 コースターづくり(ワークショップ)

日時:2022年8月27日(土)10:00~12:00

会場:岡谷蚕糸博物館 きぬのひろば

定員:10名(要事前予約)

参加費:300円

※イベントの参加には事前申し込みが必要ですので、0266-23-3489までお申し込みください。

※イベントは新型コロナウイルス感染症の状況により、変更となる場合があります。

イベントチラシ

令和4年6月の休館日

令和4年6月の休館日は以下のとおりです。

お出かけの際に、今一度ご確認ください。

【博物館休館日】

6月  1日(水)

    8日(水)

   15日(水)

   22日(水)

   29日(水)

ご来館の際にはご確認をよろしくお願いいたします。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

=====================================

岡谷蚕糸博物館の情報

★休館日 毎週水曜日(その日が祝日の場合は開館)

祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)

その他臨時休館あり

★開館時間 午前9時~午後5時

製糸工場は、午前9時~正午、午後1時~午後4時

       館内のご見学につきましては、新型コロナウィルス感染拡大の影響によ

        り案内は「なし」とさせていただき、自由見学とさせていただいており

                            ます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

蚕のオスとメスを見分けてみよう

養蚕業は蚕から繭を取る作業です。蚕が蛹になった時点で殺蛹(蛹を殺すこと)し、その繭から糸を取ることを製糸といいます。ここで、蛹を死なせずに蛾になるまで生育して蛾同士に交尾をさせ、蚕の卵を取る蚕種という産業があります。交尾を効率的に行うためには雌雄を明確に分ける必要があるのですが、どの時点の状態のときが1番見分けやすいのか、それは蛹の時です。蚕(幼虫)の時も雌雄の判別はできますが、より正確に分けるには蛹の時の方が違いが明確です。では、実際に蛹の観察から蚕の雌雄を判別してみましょう。

これは雌雄の蛹の写真です。どちらがオスでどちらがメスかわかりますか。

正解は左がオス、右がメスです。

どうすれば見分けられるのか、、、見分けるポイントはズバリ2つあります!

まず1つめの見分けポイントは大きさです。蚕の場合、オスの蛹は小さく、メスの蛹は大きいです。

この写真の場合、左の方が小さく、右の方が大きいので、左がオス、右がメスとなります。

次に2つめ、蛹をひっくり返したお尻の部分に注目してください。雌雄で違う部分があります。

オスは、赤線で囲った部分の筋が真っすぐです。

 

それに対しメスは、この部分が山型、斜めになっています。

 

もう一度両者の比較をしてみましょう。どうですか。見分けられるようになったのではないでしょうか。

これであなたも今日から蚕の雌雄鑑別マスターです!

 

繭工作体験行いました

この春博物館に異動してきた職員と新人職員の3名で繭工作講師の吉野さんを迎えて繭工作研修を行いました。

繭の染色の仕方、切り方、貼り方…などなど覚えることはいっぱいですね!今度は私たちが来館者の皆様にお教えできるように練習したいと思います。

現在はコロナの影響で工作体験は団体様の対応のみです。早くコロナが終息するといいですね!

→事務室にいるアマビエちゃんとコロナ終息祈願!

 

展示室、宮坂製糸所は通常通り見学いただけます。たくさんの来館、お待ちしております。

 

→教えていただいて作成したうさぎさんと、マトリョーシカです。それぞれ個性があってかわいくないですか?みんな違ってみんないい!

「2022シルクフェアinおかや」開催の中止について

2022年4月29日(金・祝)に開催を予定しておりました「2022シルクフェア in おかや」について、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止とさせていただくことになりました。参加を楽しみにされていた皆様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。
なお、シルクフェア実行委員会では、代替企画として今秋にシルクの歴史を散策するまちあるきイベント等を開く方向で検討を進めてまいりますのでご期待ください!!

令和4年5月の休館日

令和4年5月の休館日は以下のとおりです。

お出かけの際に、今一度ご確認ください。

【博物館休館日】

5月 11日(水)

   16日(月)~18日(水)

   25日(水)

ご来館の際にはご確認をよろしくお願いいたします。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

=====================================

岡谷蚕糸博物館の情報

★休館日 毎週水曜日(その日が祝日の場合は開館)

祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)

その他臨時休館あり

★開館時間 午前9時~午後5時

製糸工場は、午前9時~正午、午後1時~午後4時

        館内のご見学につきましては、新型コロナウィルス感染拡大の影響によ

        り案内は「なし」とさせていただき、自由見学とさせていただいており

                            ます。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。