silkfact_admin のすべての投稿

岡谷蚕糸博物館リニューアル・オープン5周年記念(長野県地域発元気づくり支援金活用事業)ユミカツラ・ファッションショー テーマ「日本のシルク文化とその魅力を世界へ!」、ユミカツラ ギャラリートーク&サイン会(終了しました。)

①ユミカツラ・ファッションショー テーマ「日本のシルク文化とその魅力を世界へ!」
 日時:2019年8月21日(水)午後3時30分~6時
 場所:カノラホール 大ホール

●第1部 シルク・パネルディスカッション

時間:午後3時30分~5時

「日本のシルク文化とその魅力を世界へ!」をテーマに、各パネラーのお話を聞き、会場のみなさんとディスカッションします。

<パネラー>

ブライダルファッションデザイナー 桂 由美

友禅作家 千地 泰弘

文化学園大学名誉教授・医学博士 田村 照子

<コーディネーター>

岡谷蚕糸博物館館長 髙林 千幸

●第2部 ユミカツラ・ファッションショー

時間:午後5時15分~6時

世界を魅了するユミカツラのドレス・和装が、30点以上揃うコレクションです。

【入場は無料ですが、事前に入場整理券が必要です】

整理券配布日時:7月19日(金)午前10時~ *定員(1,400名)になり次第終了

配布場所:岡谷蚕糸博物館(水曜休館)、カノラホール(月曜休館)、湊・川岸・長地各支所(土日祝日休み)、カルチャーセンター(第2火曜休館)の各窓口

 

②ユミカツラ ギャラリートーク&サイン会

開館記念イベントとして、桂由美氏によるドレス解説ならびに製作秘話をお聞きいただけます。ギャラリートーク終了後にはサイン会を開催いたします。

日時:2019年8月22日(木)午前10時~10時45分/13時30分~14時15分(2回)
会場:岡谷蚕糸博物館企画展示エリア

参加料:無料

定員:50名/回(要事前申込)

申込受付日:8月8日(木)午前9時~ *定員に達し次第、申込受付終了

*8月22日(木)は開館記念日のため入館料無料となります。

 

詳しくは岡谷蚕糸博物館(0266-23-3489)までお問い合わせください。

       「ユミカツラ2018年秋冬パリオートクチュールコレクション」より       「ユミカツラ2018年秋冬パリオートクチュールコレクション」より

 

 

 

 

 

 

【復刻版】岡谷市観光パンフレット 再入荷いたしました。

大変好評いただいております、【復刻版】岡谷市観光パンフレット、再入荷いたしました!

ぜひお手に取っていただきたい1冊です。

岡谷蚕糸博物館ミュージアムショップにてご購入いただけます。

1冊・800円(税込)

 

 

 

 

 

 

 

企画展『M²+K² HAND WEAVING DYEING -たのしんで染と織-』

長野県地域の染織作家にスポットを当てる企画展開催(終了しました。)

今回は「素材・手のぬくもりへのこだわり」「新しいテキスタイルの魅力」を追及し、活動する染織プロジェクト「M²+K²」(エムツー・ケーツー)の作品を紹介します。

【開催期間】

2019年6月27日(木)~7月28日(日)

【会場】

岡谷蚕糸博物館 ー シルクファクトおかや ー 企画展示エリア

【作家】

花岡真知子(岡谷市)

山田邦子(伊那市)

丸山邦江(松本市)

堀内雅博(上田市)

【関連イベント】

◆ギャラリートーク◆ 作家による作品解説

6月30日(日) 13:30~14:30   /  7月8日(月) 13:30~14:30

◆ワークショップ◆ 「藍染め -バンダナを染めるー」

7月14日(日) 13:30~15:30

講師:丸山邦江

会費:2,500円

持ち物:ビニール手袋、エプロンあるいは汚れても良い服装

※定員20名 事前申し込みが必要です。博物館までご連絡ください。

<チラシダウンロード>

チラシ表 

チラシ裏 

7月の休館日

7月の休館日は以下のとおりです。

お出かけの際に、今一度ご確認ください。

【博物館休館日】

7月 3日(水)

  10日(水)

  16日(火)

  17日(水)

  24日(水)

      29日(月)

  30日(火)

          31日(水)

ご来館の際にはご確認をよろしくお願いいたします。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

=====================================

岡谷蚕糸博物館の情報

★休館日 毎週水曜日(その日が祝日の場合は開館)

祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)

その他臨時休館あり

★開館時間 午前9時~午後5時

まゆちゃん工房、製糸工場は、午前9時~正午、午後1時~午後4時

★2019年度 岡谷蚕糸博物館 年間スケジュール.pdf 

企画展M2+K2 ギャラリートーク&ワークショップ「藍染め-バンダナを染める-」(終了しました。)

 

 

バンダナに藍染めを行います!

自分だけのバンダナを作成してみませんか??

詳細は以下のとおりです。定員に限りがございますので、お申込はお早めに!

♪ワークショップ

【日時】

令和元年7月14日(日)13時30分~15時30分

【定員】

20名(定員に達し次第、申込受付終了)

【事前申込方法】

TEL、博物館窓口

【講師】

丸山邦江さん

【会費】

2,500円(材料費込)

【持ち物】

ビニール手袋、エプロンあるいは汚れても良い服装

 

♪ギャラリートーク

【日時】

令和元年7月8日(月)13時30分~14時30分

【内容】

作品を前にして、作品への想い、技法等についてお話します。

わくわくふれあいシルクサマーセミナー! (終了しました。)

シルクファクトおかやの夏のイベント
「わくわくふれあいシルクサマーセミナー」今年もやります!!!!

 

今年は7月28日(日)に開催します。
シルクの魅力をたっぷり味わえる一日。
岡谷で「おカイコ博士」になろう!!

広報用_2016_わくわくセミナー

「おじさん!早く、僕にものぞかせて!!」

 

おカイコ様の解剖です!!!

おカイコさまの解剖

 

(昨年度の様子) 桑の葉をたくさん採って、おカイコさまのえさやりと桑の染色に使いました!

桑の葉染めの準備

申込受付は、令和元年7月8日(月)~開始!
お問い合わせは、 岡谷蚕糸博物館 TEL 0266-23-3489 へ
皆様のご参加をお待ちしております!

詳しくはこちらから→ 令和元 わくわくふれあいサマーセミナー チラシ.cleaned

*写真は過去に開催したものになります。

岡谷蚕糸博物館(シルクファクトおかや)前道路通行制限について

このことにつきまして、以下の内容で実施されますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。

【期間】

令和元年5月27日(月)~令和元年7月31日(水)

【制限個所】

岡谷市郷田1丁目(神明町~本町)

敬念寺様の南側にある「商工会館入口」からの出入りができなくなります。今井新道から「蚕糸博物館入口」信号を起点に出入りをお願いいたします。

【制限理由】

2019年防災・安全交付金流域治水対策河川工事のため。

【その他】

市内を巡回しているシルキーバスの路線が施工場所に入るため、5/26(日)~7/31(水)まで、博物館駐車場を利用してシルキーバスがUターン使用しますので、ご承知おきください。

企画展『挑戦する繊維 -シルクを超えられるか-』

岡谷蚕糸博物館・東京農工大学科学博物館 連携展示『挑戦する繊維 -シルクを超えられるか-』

カイコが生み出すシルクは、美しい光沢としなやかさによって私たちを魅了しています。
今回の展示はこれまで当館では取り扱ってこなかった木綿、麻、毛といったシルク以外の「天然(てんねん)繊維(せんい)」や、人の手で作り出した「化学(かがく)繊維(せんい)」と比較することで、シルクの特徴を再発見したいと思います。また、シルクも人体にやさしい製品や、光るまゆの開発など、最新の技術によって天然のシルクを超えようと挑み続けています。より強く、快適に、美しく・・・。多様化するニーズに応えるため進化し続ける天然(てんねん)繊維(せんい)、化学(かがく)繊維(せんい)の姿をご紹介します。本展は、平成29年度に連携協定を結んだ東京農工大学科学博物館との連携記念企画展として開催いたします。

【開催期間】
2019年4月18日(木)~6月23日(日)

休 館 日:水曜,5/7(火)

※ゴールデンウィーク中(4/27~5/6)は休まず開館します。

【関連イベント】
○講演会「挑戦する繊維」
日程:2019年5月25日(土)時間:13時30分〜
講師:東京農工大学 工学部生命工学科 准教授 中澤 靖元
会場:岡谷蚕糸博物館 きぬのひろば
定員:50名(要申込み)
参加費:無料(要入館料)

詳しくはこちら

○「つむぐ」ワークショップ
繭からまわたをつくり、糸をつむぐ体験です。
日程:2019年5月4日(土・祝)、6月9日(日)
時間:13時30分〜15時30分
定員:20名
参加費:800円

詳しくはこちら

ダウンロード

チラシ表

チラシ裏

企画展『運ぶ。蚕糸業を支えたモノの流れ』

岡谷蚕糸博物館 収蔵品展「運ぶ。蚕糸業を支えたモノの流れ」
 2020年1月23日(木)~4月中旬
繭を、生糸を、石炭を、人を運ぶ。電信・電話で情報を伝える。岡谷が日本一の製糸業地とした背景には、インフラの整備とともに様々なものを「運ぶ。」がありました。運ぶことで見える産業の発展の姿にスポットを当てます。

5.運ぶ。写真 蚕3_1_4.cleaned

 

【イベント情報】

(coming soon…)